物理学

世界史

天動説|アリストテレス

天動説 geocentric theory 天動説とは、静止した地球を中心として、天体が回転するという、地球中心の宇宙観。古代ギリシアのピタゴラス派やアリストテレスは、神聖な天体は地球のまわりを完全な円運動をすると考えた。2世紀に天文...
工学

羽根車|多数の羽根を持ち、回転する構造

羽根車 羽根車(遠心ポンプの仕組み)は多数の羽根を持ち、回転する構造となっている。流体は内側から流入し、羽根車の回転により加速されて外側に流出し、この加速によりエネルギーを与える仕組みとなっている。 羽根車の角運...
人文科学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思っている。科学...
工学

比重

比重 比重とは、ある体積を占める物質の質量と、それと同体積の4°Cにおける水の質量との比をいう。4℃の水を標準にして体積 1cm3の質量がほぼ1gでその密度は0.99973g/cm3≒1g/cm3である。気体では0℃、1気圧の空気のこ...
工学

熱衝撃(ヒートショック)

熱衝撃 熱衝撃(ヒートショック)とは、熱応力のひとつの現象で、物体が急激な加熱または冷却がおこると、大きな熱応力が発生するが、それによる材料の破壊である。一般にセラミックスなどの無機素材は熱衝撃に弱いとされる。
工学

レイリー数|グラスホフ数とプラントル数の積

レイリー数は、グラスホフ数とプラントル数の積であり、自然対流の発生の有無の判別に用いられる。レイリー数が臨界レイリー数以下では自然対流は発生せず、臨界レイリー数を超えると対流が生まれる。
工学

ラグランジュの方法

ラグランジュの方法は、流体の流れを示す方法である。流体を無数の粒子の集まりと考え、各粒子の運動を調べる。時刻0における粒子の初期座標を(a, b, c) とすれば、粒子の位置(x, y, z)は、初期座標 (a, b, c) と 時間tの関数として表す。
工学

材料の自重による伸び|材料力学

材料の自重の伸び 材料の自重による伸びについて考察する。高いところに置かれた材料はその自重で変形を起こすことがある。荷重がかかる場合、いくらの荷重を支えることができるか、に加えて、自重がどの程度影響するのか(伸びるのか)を計算する必要...
工学

プラントル数

プラントル数は、粘性により速度が拡散していく現象と、熱伝導により温度が拡散していく現象の比である。プラントル数は、流体の種類により異なり、空気などの気体の場合は約0.7、液体金属では小さく、通常の液体では大きくなる。
工学

外力

外力 外力とは、物体に外から作用する力である。 物体に引張り荷重が作用している場合 物体に引張り荷重が作用している場合が下記図であるが、P₁とP₂が等しいときは静止し、どちらかが大きいときは大きい方向に動く。 ...
タイトルとURLをコピーしました