物理学

工学

超伝導

超伝導 超伝導とは、電流の流れに対する抵抗が0になる現象をいう。超伝導状態になった材料は同時に強い反磁性を示すため、磁場を受けると反発する。実用面では、超伝導磁気コイルを用いた磁気浮上や、超伝導を用いた電力ケーブルなど、エネルギー分野...
工学

温度

温度 温度とは、温冷の感覚を定量的に表示したものであり、一般には水の氷点を0、沸点を100とした摂氏温度(°C)で表記される.一方、物理学では、絶対温度(K:ケルビン)を用いる。 目次 ケルビン 摂氏温度と絶対温...
工学

比重

比重 比重とは、ある体積を占める物質の質量と、それと同体積の4°Cにおける水の質量との比をいう。4℃の水を標準にして体積 1cm3の質量がほぼ1gでその密度は0.99973g/cm3≒1g/cm3である。気体では0℃、1気圧の空気のこ...
工学

熱力学|物理,工学

熱力学 熱力学とは現象を温度や熱という観点から取り扱って、体系化した学問である。第ゼロ法則から第3法則までの四つの基本原理の上に学問体系が築かれている。熱力学は、蒸気の有効利用、熱機関のサイクル論に基づく熱効率向上、伝熱、燃焼などの用...
工学

せん断応力|工学,物理

せん断応力 せん断応力とは、重ね合わされて固定されている2枚の板に引張荷重を作用させたときの、ずれようとする応力で、同じ大きさで2枚の面にそれぞれ反対方向に作用する。 目次 せん断応力の求め方 せん断ひずみの求め...
工学

熱衝撃(ヒートショック)

熱衝撃 熱衝撃(ヒートショック)とは、熱応力のひとつの現象で、物体が急激な加熱または冷却がおこると、大きな熱応力が発生するが、それによる材料の破壊である。一般にセラミックスなどの無機素材は熱衝撃に弱いとされる。
工学

熱応力|温度変化の膨張・縮小による材料内部に生じる応力

熱応力 熱応力は温度変化によって膨張・縮小が繰り返される材料に対し、材料内部に生じる応力を熱応力という。材料が拘束された状態において、温度上昇に伴い圧縮応力が、冷却に伴い引張応力が発生する。なお、材料の一部加熱などによって温度の不均一...
工学

応力|荷重に対して材料内部に発生する単位面積当たりの力

応力 応力とは、単位面積あたりの内力(荷重に対して材料内部に発生する単位面積当たりの力)である。内力の単位はN、応力の単位はN/mm²である。応力は、材料の許容限度を超えると、材料の変形や破壊に至る。応力には引張り応力、曲げ応力、せん...
工学

荷重|物体に外から作用する力の総称,物理

荷重 荷重とは、物体に外から作用する力の総称であり、引張荷重、圧縮荷重、せん断荷重、曲げ荷重、ねじり荷重、分布荷重、衝撃荷重などがある。なお、荷重に対する材料内部の反力を応力という。 目次 静荷重 動荷重 交番...
工学

摩擦力|物体の運動を妨げるように働く力

摩擦力 摩擦力は、物体の運動を妨げるように働く力であり、静止摩擦力、動摩擦力、転がり摩擦力がある。 目次 静止摩擦力 最大静止摩擦力 静止摩擦力 物体に外力が作用しても動かない状態...