物理学

工学

軸 軸(shaft)とは、回転と動力を伝えるための機械要素である。またキーや軸継ぎ手よって、軸と回転部品、あるいは軸と軸をつなぐことができる。普通は、シャフト(shaft)と呼ばれるが、車軸のように曲げ荷重がかかる軸をアクスル、旋盤の...
物理学

ニコラウス・コペルニクス|地動説,天球の回転について

ニコラウス・コペルニクス NicolausCopernicus 1473-1543 コペルニクスは、ボーランドの天文学者、カトリックの司祭、医者であり地動説を唱えた。主著『天体の回転について』。銅の売買を中心とする富裕商人の子に生まれ...
天文学

ガリレオ・ガリレイ|地動説,宗教裁判,科学革命

ガリレオ・ガリレイ GalileoGalilei1564-1642 ガリレオ・ガリレイは、イタリア・ピサ出身の数学者、物理学者。主著『天文対話』、『新科学対話』。諸現象を仮説に基づく実験によって数学的に検証する科学的方法を確立し、近代...
天文学

アイザック・ニュートン|万有引力,微積分法,光のスペクトル分析

アイザック・ニュートン Sir Isaac Newton 1643-1727 アイザック・ニュートンは、イギリスの数学者・物理学者、古典力学を確立した。主著『プリンキピア』。1642年、12月25日、イギリスのリンカンシャーでニュート...
工学

応力|荷重に対して材料内部に発生する単位面積当たりの力

応力 応力は内力の単位面積あたりの値と定義されるので、内力が同じとき、断面積が小さいと応力は大きくなり、断面積が大きいと応力は小さくなる。 応力の単位 応力の単位には N/m2または、Pa(パスカル)を用い...
工学

断面二次モーメント|材料の変形しにくさ,材料力学

断面二次モーメント 断面二次モーメント(moment of inertia of area)とは、材料にかかった応力などに対して、材料の変形率を計算するためのパラメータである。曲げモーメントに対する部材の変形しにくさともいえる、 ...
工学

比重

比重 比重とは、ある体積を占める物質の質量と、それと同体積の4°Cにおける水の質量との比をいう。4℃の水を標準にして体積 1cm3の質量がほぼ1gでその密度は0.99973g/cm3≒1g/cm3である。気体では0℃、1気圧の空気のこ...
物理学

加速度|単位時間あたりの速度の変化量

加速度 加速度とは、単位時間あたりの速度の変化量と定義される。平均の速度から平均時間を割ったものを平均加速度という。(s/t)平均を計算する平均加速度や自由落下運動を平均加速度である。 平均加...
工学

非定常流 時間とともに変化し続ける流れ

非定常流とは、流体工学の用語で時間とともに変化し続ける流れである。(非定常状態 )(なお、変化しない流れを定常流れという。)振動流と過渡流れとに分けられる。なお、時間とともに変化しない流れを定常流れという。
工学

非ニュートン流体|ビンガム流体、塑性流体、ダイラタント流体、擬塑性流体

非ニュートン流体とは、ニュートン流体とは異なり、ニュートンの粘性法則(流体に加わるせん断応力が変形速度に比例する)が成り立たない流体をいう。非ニュートン流体とは、ビンガム流体、塑性流体、ダイラタント流体、 擬塑性流体などの種類がある。