物理学

せん断応力|工学,物理

せん断応力 せん断応力とは、重ね合わされて固定されている2枚の板に引張荷重を作用させたときの、ずれようとする応力で、同じ大きさで2枚の面にそれぞれ反対方向に作用する。 目次 せん断応力の求め方 せん断ひずみの求め方 せん… read more »

熱衝撃(ヒートショック)

熱衝撃 熱衝撃(ヒートショック)とは、熱応力のひとつの現象で、物体が急激な加熱または冷却がおこると、大きな熱応力が発生するが、それによる材料の破壊である。一般にセラミックスなどの無機素材は熱衝撃に弱いとされる。

荷重|物体に外から作用する力の総称,物理

荷重 荷重とは、物体に外から作用する力の総称であり、引張荷重、圧縮荷重、せん断荷重、曲げ荷重、ねじり荷重、分布荷重、衝撃荷重などがある。なお、荷重に対する材料内部の反力を応力という。 目次 静荷重 動荷重 交番荷重 繰返… read more »

摩擦力|物体の運動を妨げるように働く力

摩擦力 摩擦力は、物体の運動を妨げるように働く力であり、静止摩擦力、動摩擦力、転がり摩擦力がある。 目次 静止摩擦力 最大静止摩擦力 静止摩擦力 物体に外力が作用しても動かない状態にあるとき、物体はつり合いの状態にある。… read more »

加速度|単位時間あたりの速度の変化量

加速度 加速度とは、単位時間あたりの速度の変化量と定義される。平均の速度から平均時間を割ったものを平均加速度という。(s/t)平均を計算する平均加速度や自由落下運動を平均加速度である。 目次 平均加速度 重力加速度 平均… read more »

慣性モーメント|物体の回転のしづらさ

慣性モーメント 慣性モーメントとは、回転体の慣性の大きさであり、物体(剛体)の回転のしづらさ、回り出す変化のしにくさがわかる。回転の直線運動の場合は慣性の大きさは質量と速度によるが、慣性モーメントの場合は、その大きさは形… read more »

運動の第2法則(運動の法則)|力学,物理

運動の第2法則(運動の法則) 運動の第2法則(運動の法則)とは、力には、物体の運動状態を変える働きがあり、物体に外力が作用すると加速度を生ずる。この加速度の大きさは外力に比例し、物体の質量mに反比例し、方向は外力の向きと… read more »

運動の第1法則|ニュートン,物理

運動の第1法則(慣性の法則) 運動の第1法則は慣性の法則とも呼ばれ、物体に外力が作用しなければ、静止している物体は永久に静止し、動いている物体は永久にその方向と速さは変化しない(等速直線運動)という法則である。 ニュート… read more »

Sidebar