物理学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思… read more »

『プリンキピア』ニュートン

『プリンキピア』ニュートン 『プリンキピア』はニュートンの主著。1687年の刊行。正式の題名は『自然哲学の数学的原理』で、地上から天体までのあらゆる自然現象の運動を説明する原理(プリンキピア)として、万有引力の法則を説く… read more »

『天文対話』ガリレオ・ガリレイ

『天文対話』 ガリレオ・ガリレイ 1623年 『天文対話』は、ガリレオ・ガリレイの主著でコペルニクスの地動説を支持した。1616年にベッラルーミーノ枢機卿によって自説を公にしないように指摘されたが、それを振り切って162… read more »

『天体の回転について』コペルニクス

『天体の回転について』コペルニクス コペルニクスが地動説を説いた主著。1543年の死の直前に刊行された。当時は、プロテスタントからの反対はあったが、カトリック教会では、地動説は天体の運動を数学的に説明する一つの仮説にすぎ… read more »

天動説|アリストテレス

天動説 geocentric theory 天動説とは、静止した地球を中心として、天体が回転するという、地球中心の宇宙観。古代ギリシアのピタゴラス派やアリストテレスは、神聖な天体は地球のまわりを完全な円運動をすると考えた… read more »

ヨハネス・ケプラー|天文学,ガリレオ

ヨハネス・ケプラー Johannes Kepler 1571~1630 ヨハネス・ケプラーはドイツの天文学者。コペルニクスの説をきっかけに地動説を支持した。ティコ・ブラーエの弟子となって天体観測を行い、実際の観測データを… read more »

Sidebar