熱力学

工学

オットーサイクル|ガソリンエンジンの基本サイクル

オットーサイクル オットーサイクルとは、ドイツのオットーにより創案されたガソリンエンジンなど火花点火式内燃機関の基本サイクルで、上死点で等容的に受熱することが特徴である。作動流体の加熱および放熱が同じ容積のもとで行われることから等容...
工学

熱力学第二法則|すべてを仕事に置き換えることはできない

熱力学第二法則 熱力学第二法則とは、熱は仕事に変換できるが、いかなる熱機関も仕事に変換するとき、仕事の一部の損失が伴うということである。すべての熱を仕事に変換することができない以上、外部から得た熱エネルギーをすべて仕事に変換できる第2...
工学

エントロピー|乱雑さの度合い

エントロピー エントロピーとは、en と「変化」を意味するギリシア語の tropy を合わせた言葉で、分子の乱雑さを示している。熱力学では、加えられる熱量に対して、そのときの温度Tで割ったものと定義される。単位。ドイツの理論物理学者で...
工学

サバテサイクル|高速ディーゼルエンジンの二段階燃焼

サバテサイクル サバテサイクル(複合サイクル、合成サイクル)とは、サバテの提唱によるサイクルで、定圧および定容の両サイクルを組み合わせたサイクルである。高速で回転する高速ディーゼルエンジンに利用されている。高速ディーゼルエンジンでは...
工学

理想気体|気体の性質を理想化したもの

理想気体 理想気体とは実在気体の性質を理想化したもので、実際には存在しない理論モデルである。完全ガスなどとも呼ばれる。温度が高く気圧が低いほど、理想気体に近い状態になる。 ボイル・シャルルの法則 理想気体で...
工学

熱量|熱エネルギーを量として考えたもの

熱量 熱量とは、物体が高温から低温に移動するときの熱エネルギーを量として考えたものである。SI単位ではジュールを用いる。あるいは標準気圧のもとで1gの純粋な水を1°C高めるのに必要な熱量としてカロリーが使われる。(1cal=4.186...
工学

温度

温度 温度とは、熱を定量的な数値で表した指標で、暖かさや冷たさを表す度合いとして使われる。一般には水の氷点を0、沸点を100とした摂氏温度(°C)で表記される。一方、物理学、化学、工学では、絶対温度(K:ケルビン)を用いることが多い。...
工学

圧力

圧力とは、物体の任意の面に加えられた応力である。静止した流体の中にあるとき、物体の任意の面に対しては垂直方向に力が加わる。このときの圧力は、垂直方向の力を面積で割ることで出てくる。
工学

熱膨張係数

熱膨張係数 熱膨張係数は、材料は温度変化に伴って、膨張・収縮し、一般的に加熱されると膨張する。熱膨張係数のうち固体の線膨張係数とは、1K(°C)当たりの温度変化に対する単位長さ当たりの長さの変化量のことである。
工学

圧縮機の動力

圧縮機で系内に仕事を与えて流体を圧縮する場合に必要な動力 圧縮機とは、系内に仕事を与えて 流体を圧縮する機械である。下記に圧縮機に流入する場合と圧縮機に流出する場合をしるし、さらに圧縮機の動力を求めた。 ...