日本史

太政大臣|律令制における官僚最高位

太政大臣 太政大臣、古代日本の律令制における大臣職で官僚最高位にあたる。701年の大宝律令によって設定された。神祇官が祭祀を担当したのに対し、太政大臣は行政を担った。太政官は、「その人なければ則ち闕けよ」と令に規定された… read more »

中央官制|太政大臣,神祇官,弾正台,五衛府

中央官制 律令制度において、一般政務を行う最高官である太政官と並び、神祇・祭祀をつかさどる神祇官が置かれた。太政官の下に8省が置かれたので、二官八省という語で中央官制を総称する。そのほか、弾正台や五衛府がおかれた。 目次… read more »

律令官制|蔭位の制,官位相当の制

律令官制 律令官制において、かっての豪族たちは国家から官職・位階・給与を与えられることとなり、独自に土地・人民を私有するのでなく律令官人組織に組み込まれて、貴族化していった。そのためこの時代から始まる律令制は天皇を絶対君… read more »

防人|北九州の防備に置かれた東国出身の兵士

防人 防人とは、古代、九州北部防備のために置かれた兵士で、大宰府に防人司が置かれた。大化前代以来の舎人制を引き継いだ制度で、663年(天智天皇)の白村江の敗戦以降に整備された。東国出身のものが大半を占めている。防人は難波… read more »

律令(律令制度)|奈良時代,大宝律令

律令 律令とは日本が唐にならって取り入れた制度で、天皇を中心とした統一国家を作り出した。律は、現在の刑法・刑事訴訟法に相当し、刑罰を詳細に定めた令は現在の行政法・民法に相当し、官制・税制・田制・兵制・学制などを規定してい… read more »

白鳳文化|唐の文化が入った華やかな仏教文化

白鳳文化 大化改新(645年)から平城遷都(710年)ごろまでの白鳳時代に栄えた文化を白鳳文化という。天智天皇や天武天皇により、律令制度や天皇の権威が固まった時代で、天皇や貴族中心の華やかな文化が栄えた。また唐との交流か… read more »

天武天皇(大海人皇子)|壬申の乱に勝利,皇親政治

天武天皇 天智天皇の弟で、天智天皇の子である大友皇子と壬申の乱にて衝突するが、これに勝利し、天武天皇として即位する。天武天皇は、公地公民制を徹底し、八色の姓などを設定して、身分秩序を明確化した。さらに旧豪族の上位者である… read more »

大化改新|中臣鎌足と中大兄皇子による改革

大化改新 645年(大化1)の蘇我氏滅亡から649年(大化5)の中央官制整備ころまでを、大化改新という。中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足を中心に行われたが、大化改新の目的は、氏姓制度を廃して中央集権国家をつくることにあっ… read more »

飛鳥文化|聖徳太子が夢見た仏教文化や宗教芸術

飛鳥文化 飛鳥文化とは、推古天皇から大化改新(645年)ころまでの飛鳥時代に栄えた文化である。百済や高句麗からの遣使を迎えており、朝鮮の影響を強く受けている。当時は隋が覇権を握っていたが、朝鮮から経由したため、南北朝時代… read more »

遣隋使|聖徳太子による隋との外交,小野妹子

遣隋使 聖徳太子が中国の文化や仏教、技術、学問を取り組むため、隋に遣使を派遣したが、彼らを遣隋使といい、数回派遣した。小野妹子に持たせた国書には大国である隋にたいし、冊封体制から抜け、大きな影響を与えた。小野妹子や犬上御… read more »

Sidebar