日本史

王政復古|江戸幕府から朝廷へ

日本の王政復古 王政復古とは、天皇親政の形式のもとで、天皇を頂点に置き、諸藩連合政権をつくることを目的とした。鎌倉幕府以前の天皇親政に復帰するようなイメージで政権をとらえたため、王政復古といわれた。 目次 王政復古計画 … read more »

大政奉還|徳川慶喜による朝廷への統治権の返上

大政奉還 大政奉還とは、1867年10月14日薩摩藩や長州藩が打ち立てた新政府軍との軍事衝突を恐れた江戸幕府が朝廷に統治権を返上したこと。薩摩藩や長州藩に加えて土佐藩や芸州藩も新政府軍に加わったのをみて、二条城の日の丸御… read more »

慶応の改革|徳川慶喜が主導した幕政改革

慶応の改革 慶応の改革とは、徳川慶喜が15代将軍就任に伴い、幕府を立て直すために実行した改革である。慶応2~3(1866~67)年に行われた。1866年7月20日に家茂が大坂城で病死するが、これを受けて、12月5日、英才… read more »

公議政体論|ヨーロッパ型の議会制度の導入

公議政体論 公議政体論は雄藩などの有力者を集めた議会を設置し、ここで議論をしながら政治を進めていこうとする考え方を公議政体論という。現在の国会のもとになるような考え方で後藤象二郎や坂本龍馬によって提起された。彼らの船中八… read more »

薩土同盟|薩摩藩-土佐藩-長州藩の協力体制

薩土同盟 武力による討幕を訴える薩摩藩と穏健的で公議政体論を掲げる土佐藩が同盟関係を結ぶ。中岡慎太郎や坂本龍馬など土佐藩に縁のある人物の仲介で、土佐藩は薩摩藩との盟約関係を構築した。薩摩藩はそれ以前に薩長同盟を結んでおり… read more »

松下村塾|吉田松陰,誓って神国の幹とならん

松下村塾 松下村塾は外国に対して危惧した吉田松陰が立ち上げた塾である。身分にかかわらず、志のある者は誰もが入ることが出来た。松下村塾では個性を重んじた授業が行われ、講義の内容は日本を取り巻く国際情勢を中心に、欧米列強の軍… read more »

薩英戦争|薩摩藩とイギリスとの戦争,攘夷の限界

薩英戦争 生麦事件を巡り、薩摩藩とイギリス艦隊が軍事衝突した事件。イギリス代理公使E.ニールは、幕府に対して事件の責任者処罰および10万ポンドの賠償を請求した。幕府は柔軟に応じたものの、当時衰退した幕府には、薩摩藩を従わ… read more »

Sidebar