日本史

政治

公議政体論|ヨーロッパ型の議会制度の導入

公議政体論 公議政体論は雄藩などの有力者を集めた議会を設置し、ここで議論をしながら政治を進めていこうとする考え方を公議政体論という。現在の国会のもとになるような考え方で後藤象二郎や坂本龍馬によって提起された。彼らの船中八策にその思想が...
日本史

第二次征長戦争(第二次長州征伐)

第二次征長戦争 第二次征長戦争は、14代将軍家茂は、再び討幕を掲げ度重なる召喚拒否する長州藩に対し、長州征伐を決定、第一次征長戦争に次ぐ幕府軍と長州軍の戦争である。長州軍は亀山社中仲介にて欧米の近代兵器をそろえており、圧倒的多数の幕府...
日本史

トーマス・ブレーク・グラバー|坂本龍馬、亀山社中、薩長同盟

グラバー T.B.Glover トーマス・グラバー1838~1911は幕末期のイギリス出身の商人である。1859年に来日し、長崎にグラバー商会を設立した。石油やお茶の販売をしていたが、軍事兵器を日本の各藩に販売した。なお、グラバーが売...
日本史

亀山社中|坂本龍馬,海援隊,近藤長次郎,小松帯刀,勝海舟

亀山社中 亀山社中とは、1868年に坂本龍馬が長崎で立ち上げた海運・貿易の会社である。勝海舟が池田屋事件で死んだ望月亀弥太の責任を取る形で海軍操練所を解任されると、海軍操練所を継ぐかたちでトマス・グラバー、五代才助などの協力を得て設立...
日本史

井伊直弼|日米修好通商条約,安政の大獄,桜田門外の変

井伊直弼 井伊直弼は、1815年10月29日、11代彦根藩主直中の14男として生まれる。17歳から32歳までの15年間、300俵で扶持米を給せられ、独立することなく「北屋敷」という部屋住みとして過ごした。1846年、12代藩主の養子に...
日本史

土佐勤王党|武市半平太,坂本龍馬,池内蔵太,中岡慎太郎

土佐勤王党 土佐勤王党(とさきんのうとう)は下士である武市半平太や大石弥太郎らによって設立された土佐藩の一派である。長宗我部の遺臣である下士を中心としたメンバーで構成された。参政の吉田登用を暗殺して藩の実権を握るが、武市半平太が切腹さ...
日本史

岡田以蔵|土佐藩,人斬り以蔵,武市半平太

岡田以蔵 岡田以蔵(おかだいぞう)は、土佐藩の剣術家。幕末の四人切りのうちの一人。武市半平太を師事して剣術を学び、後に「人斬り以蔵」と言われる。天保9年(1838)に生まれる。土佐の足軽の出身で貧困の家庭であった。正統派の剣は習つてお...
日本史

薩土同盟|薩摩藩-土佐藩-長州藩の協力体制

薩土同盟 薩土同盟とは、武力による討幕を訴える薩摩藩と穏健的で公議政体論を掲げる土佐藩の同盟関係をいう。中岡慎太郎や坂本龍馬など土佐藩に縁のある人物の仲介で、土佐藩は薩摩藩との盟約関係を構築した。薩摩藩はそれ以前に薩長同盟を結んでおり...
日本史

上野戦争|戊辰戦争,大村益次郎の指揮

上野戦争 上野戦争とは、1868年5月15日に徳川慶喜が江戸城の無血開城をしたのを受け、それを受け入れられない浪士が、上野にある寛永寺に立てこもり激しく抵抗した戦争である。彼らは彰義隊として徳川慶喜の警備を行った者が中心であるが、大村...
日本史

板垣退助|土佐藩,戊辰戦争,廃藩置県,立憲自由党,第一次大隈重信内閣他

板垣退助 板垣退助(天保8年(1837)~大正8年(1919))は幕末期の土佐藩士で明治・大正時代の政治家である。 幕末期の板垣退助 天保8年(1837)4月17日、高知城下にて土佐藩士(馬廻格...