人文科学

世界史

アリストファネス|平和を愛したアテネの喜劇作家

アリストファネス アリストファネスは、前450頃~前385頃に活躍した古代ギリシア・アテネの喜劇作家である。ペロポネソス戦争の時代に、平和主義の立場から政治や文化の問題を取り上げ、デマゴーグやソクラテス・エウリピデスらの文人を風刺・批...
人文科学

フランクフルト学派|反ファシズムの思想,哲学

フランクフルト学派 1930年代にドイツのフランクフルトの社会研究所に集まって研究をした学者たち。ホルクハイマーが初代の所長となったが、その後、彼らはナチスに追放されて外国に亡命認し、戦後帰国して1950年に研究所を再建した。既存の社...
人文科学

プロメテウス|ギリシア神話

プロメテウス Prometheus ギリシア神話に登場する巨人族タイタン(ティターン) のイーアペトスとオーケアノスの娘クリュメネーの子で神の一人。プロメテウスとは、“先に(プロ)考える者”“先見の明を持つ者”という意味である。弟は、...
人文科学

ハンナアーレント|思想と哲学,全体主義の起源

ハンナ=アーレント Hannah Arendt ハンナアーレント(1906.10.14 - 1975.12.4)は、ドイツで生まれ、アメリカに亡命した政治学者、思想家。主著は『全体主義の起原』『人間の条件』。ユダヤ人家庭に生まれ、大学...
世界史

ルネサンス|神の文化からの個人の解放

ルネサンス Renaissance ルネサンスは(Renaissance)、再生・復活という意味で、14世紀から16世紀にかけてイタリアを中心におこり、ヨーロッパ各地に広がった。中世ヨーロッパの教会を中心とした思想から、ギリシア・ロー...
人文科学

クセノファネス|古代ギリシアの自然哲学者

クセノファネス クセノファネスは自然哲学者である。エレア学派。ヘラクレイトスが生成変化の相から世界を見ていたのに反し、エレア学派は絶対的静止の相から世界を見た。この問題の発見と追求は、まったくの論理・ロゴスだけで理論を展開するやり方で...
人文科学

現象学派|カント

現象学派 新カント派の発展 カントや新カント派はアプリオリを原理とした。アプリオリは主観的なものが客観性を得る根拠である。しかし、客観性がいかにして得られるのか、そうした問題については、まだ疑問が残っていた。むしろ、客観の主観化...
人文科学

構造主義|言語学,文化人類学,社会学,他

構造主義 structuralism 構造主義とは、ある事象の意味を、それ自体に求めるのではなく、それらの事象を関係づける社会的・文化的なシステム(構造)から説明する思想的な立場である。一般にソシュールの言語学やレヴィストロースの文化...
人文科学

アトム(原子)|デモクリトスの哲学,倫理

アトム(原子) atom アトム(原子)atmとは、すべてのものを構成する、それ以上分割できない究極的要素。万物はアトム(原子)の運動と結合によって成立するという原理論は、レウキッポス、デモクリトスによって始まる。彼らはおそらく共同で...
人文科学

現象学|現象学とはなにか。

現象学 Phänomenologie(独) 哲学者のフッサールが提唱した哲学で、世界があると素朴に信じる日常の「自然的態度」から、純粋な意識の内面に立ち返り、そこにあらわれる現象をありのままに記述する学問である。日常の経験では、世界は...
タイトルとURLをコピーしました