国家|ロック,ホッブズ,ヘーゲル

国家

国家は、一般に、一定の領土と国民と排他的な統治組織とをもつ政治共同体をいう。普通、領土、領海、領空、またそこに住む国民を持ち、その統治権を行使することができる。共和制や君主(独裁)制をとることがおおい。国家は歴史や民族にとって形態が多種多様なため、明確な定義付けは困難である。

国家

国家

目次

ジョン・ロックやホッブズ、社会契約説における国家

17~18世紀の政治学者ジョン・ロックトマス・ホッブズなどは国家を、社会契約によって個人の相互の契約によって成立という考え方。個人が生まれながらに持つ生命、自由、平等、財産所有などの自然権を保証するために、個々・相互に社会契約を結び、国家を成立させたとした。

へーゲルの国家

ヘーゲルは個人が欲望のまま自由に活動する市民社会において、国家は失われた統一を回復する、人倫の完成の場である。家族の共同性と市民社会の個人の独立を弁証法的に止揚した共同体である。共同体の普遍性と個人の個別性が共に保たれた人倫の最高の完成形態である。個人は、国家の法や制度を自己自身の根源(実体)である理性の表現とみて、これに従うことによって国家の成員として自由で理性的な自己を実現することができる。