プラントル数

プラントル数

プラントル数は、粘性により速度が拡散していく現象と、熱伝導により温度が拡散していく現象の比である。プラントル数は、流体の種類により異なり、空気などの気体の場合は約0.7、液体金属では小さく、通常の液体では大きくなる。

プラントル数

プラントル数

温度拡散率

αは、 非定常の熱伝導において、温度の伝わる速さを示す係数で温度伝導率、または熱の拡散を示すことから熱拡散率という。

温度拡散率

温度拡散率

温度境界層と速度境界層

温度境界層と速度境界層が等しいとき、Pr=1となり、温度境界層が速度境界層に比べて薄い場合はPr>1となり、逆に厚い場合はP<1となる。