アナクシメネス

アナクシメネス Anaximenēs BC585‐BC525

古代ギリシアの哲学者。ミレトス学派。アナクシマンドロスのア・ペイロンを空気(アーエール)とした。アペイロンの無規定性、すなわち、どこにでも現れる性質のうち、それを説明するのに理が通る、ふさわしいものが空気(アーエール)だからである。そして、生き物が空気を吸って生きるように万物もまた空気の変化から生まれると考えた。また、それを期に存在の相互変化を認め、その原理を考えた。すべての存在は濃縮化と希薄化によって空気から生じるとした。

「希薄になると火になるが、濃密になると風になり、それから土から石になる。その他のすべては、ここから生じる。」

空気(アーエール)

空気(アーエール)