歴史学

人文科学

構造主義|言語学,文化人類学,社会学,他

構造主義 structuralism 構造主義とは、ある事象の意味を、それ自体に求めるのではなく、それらの事象を関係づける社会的・文化的なシステム(構造)から説明する思想的な立場である。一般にソシュールの言語学やレヴィストロースの文化...
世界史

蔡倫|製紙技術を発明した漢の官僚

蔡倫(?~121頃)の後漢の宦官で、従来使われた紙よりもより安価で作成できる製紙法を発明した。105年、「蔡侯紙」と呼び名をつけ、和帝に献上した。 製紙技術 蔡倫は、これまであった製紙技術をベースに樹皮・...
世界史

紀伝体|中国の歴史書の書式,歴史記述

紀伝体 紀元体とは中国の歴史書から始まった歴史記述の方法である。司馬遷の『史記』に始まり、『漢書』で完成した歴史記述の一形式である。本紀(帝王の年代記)・列伝(重要人物の伝記や外国記事)・表(年表)・志(諸制度)に分けられ、歴史記述を...
世界史

司馬遷|『史記』を書いた漢の最大の歴史家

司馬遷 司馬遷(前145頃~前86頃)は、前漢、武帝時代の歴史家である。父の後を継いで史官となる。前99年匈奴に捕らえられた将軍李陵(りりょう)を弁護して、武帝の怒りにふれ宮刑に処せられたが、以後、全力を傾けて『史記』130巻を完成し...
人文科学

フリードリヒ・ヘーゲル|思想,世界史

フリードリヒ・ヘーゲル  1770年~1831年 ヘーゲルとはドイツの哲学者でドイツ観念論の流れの完成形といえる。主著は、『精神現象学』、『論理学』『エンチクロペディー』『法の哲学』、『歴史哲学』。18歳でチュービンゲン大学の神学部に...
世界史

フィリップ=アリエス|歴史学

フィリップ=アリエス Philippe Ariés-1914-84 フランスの歴史学者。主著『《子ども》の誕生』『死を前にした人間』『日曜歴史家』。 今日の意味における「子ども」が誕生したのは近代からであり、18~19世紀以前の中世の...
世界史

漢の内政|400年続いた漢王朝の政策

漢の内政 漢は一時、新に滅ぼされるもの、その前後の前漢、後漢合わせて400年以上続いた王朝であるが、その内政は、比較的安定した王朝であった。科挙制度の前進となる官吏登用法や通貨・文字の統一など統一国家の中国としての整備が整えられた。ま...
人文科学

アナクシメネス

アナクシメネス Anaximenēs BC585‐BC525 古代ギリシアの哲学者。ミレトス学派。アナクシマンドロスのア・ペイロンを空気(アーエール)とした。アペイロンの無規定性、すなわち、どこにでも現れる性質のうち、それを説明するの...
人文科学

人間(human being)|人間とは,哲学と倫理

人間 human being 人間(にんげん、英: human being)とは動物とは異なる人類全般を示す。多くの生物学者や哲学者、歴史学者などによって規定されてきたが、その多くは理性や知性を保有する動物として理解されることが多い。...
日本史

古墳|世界最大の古墳,意味と形状について

古墳 3世紀末ころから7世紀後半ころまで、およそ350年続いた。おおよそ卑弥呼の時代から聖徳太子の時代である。弥生時代の共同墓と違った封土を高く盛りあげた高塚式古墳が各地でつくられるようになった。古墳は、その外形の形式によって、円墳・...