歴史学

語族|世界史,歴史学,言語学

語族 語族とは本来言語を分類する概念であるが、同じ言語を話す人間集団を歴史学では語族とも称する。 目次 語族 インド=ヨーロッパ語族 アフロ=アジア語族 アルタイ語族 シナ=チベット語族 マレー=ポリネシア(オーストロネ… read more »

構造主義|言語学,文化人類学,社会学,他

構造主義 structuralism 構造主義とは、ある事象の意味を、それ自体に求めるのではなく、それらの事象を関係づける社会的・文化的なシステム(構造)から説明する思想的な立場である。一般にソシュールの言語学やレヴィス… read more »

人間(human being)|人間とは,哲学と倫理

人間 human being 人間(にんげん、英: human being)とは動物とは異なる人類全般を示す。多くの生物学者や哲学者、歴史学者などによって規定されてきたが、その多くは理性や知性を保有する動物として理解され… read more »

「世界史は自由の意識の進歩である」ヘーゲル

「世界史は自由の意識の進歩である」ヘーゲル 「世界史は自由の意識の進歩である」とは、へーゲルが『歴史哲学』で述べている言葉。精神は自分で自分を意識するものであるから、みずからに基づくという意味で、自由を本質とする。へーゲ… read more »

フィリップ=アリエス|歴史学

フィリップ=アリエス Philippe Ariés-1914-84 フランスの歴史学者。主著『《子ども》の誕生』『死を前にした人間』『日曜歴史家』。 今日の意味における「子ども」が誕生したのは近代からであり、18~19世… read more »

フリードリヒ・ヘーゲル|思想,世界史

フリードリヒ・ヘーゲル  1770年~1831年 ヘーゲルとはドイツの哲学者でドイツ観念論の流れの完成形といえる。主著は、『精神現象学』、『論理学』『エンチクロペディー』『法の哲学』、『歴史哲学』。18歳でチュービンゲン… read more »

アナクシメネス|思想と哲学

アナクシメネス Anaximenēs BC585‐BC525 古代ギリシアの哲学者。ミレトス学派。アナクシマンドロスのア・ペイロンを空気(アーエール)とした。アペイロンの無規定性、すなわち、どこにでも現れる性質のうち、そ… read more »

Sidebar