工学

クリープ

クリープ クリープとは、静的応力が作用しているとき、部材が高温になると時間の経過とともに変形が進行し、最後には破断に至る現象である。降伏点以下の応力(弾性範囲)で変形がおこる。

疲労強度|金属にたまる疲労

疲労強度 金属材料に繰り返し荷重が加わると、金属材料に疲労がたまり、降伏点または耐力以下の小さな荷重でも破断する。疲労強度が蓄積が原因でおこる破断面は平坦で、引張応力に垂直に加わる。亀裂伝播部には、ビーチマークと呼ばれる… read more »

シャルピー衝撃試験

シャルピー衝撃試験 シャルピー衝撃試験とは、じん性を評価する試験で、遷移温度をじん性評価の相対尺度としている。 目次 脆性破面率と吸収エネルギー 脆性破面率と吸収エネルギー じん性が高い:脆性破面が多く、吸収エネルギーが… read more »

ぜい性破壊

ぜい性破壊 ぜい性破壊とは、ガラスや陶器などのようにもろく破断する現象である。高速で伝播し、板厚の現象がなく、銀白色のキラキラした光沢できる。 目次 ぜい性破壊 シェブロンパターン ぜい性破壊 亀裂や切欠などの応力集中の… read more »

曲げ試験

曲げ試験 中立面の半円周長さ π(R+h/2):中立面の半円周長さ π(R+h):伸びた外側の半円周長さ ひずみ:伸びた長さ/元の長さ

溶接|被覆アーク溶接,半自動アーク溶接TIG溶接

溶接 溶接とは、ふたつ以上の金属を、局部的に加熱・溶融させ、接合する方法である。加熱を必要としない溶接法では、接合界面に大きな塑性変形を与える必要がある。溶接法には接合界面の状況によって、溶融溶接、固相溶接およびろう接の… read more »

歯車の製図|機械設計

歯車の製図 歯車を製図するとき、複雑な形状のため、特に理由がない場合は簡略化して描く。簡略化した図に歯形やモジュール、歯数などの要目表を追加する。 目次 歯車 部品図の要目表 かみあう歯車 歯車 1.歯車を製図するとき、… read more »

ばねの製図|機械製図

ばねは圧縮ばね、角ばね、引張ばねなどがあり、その製図はJISで規格されている。ばねは複雑であり、しばしば簡略化して描かれる。 目次 ばね製図 要項目 角ばね 引張ばね 圧縮コイルばねの端部の形状 ばね製図 1.一般にコイ… read more »

ねじの製図|おねじとめねじの製図のルール

ねじの製図 ねじは、おねじ(ねじ側)とめねじ(ねじ穴側)に分けられる。それぞれ厳密なルールが規定されており、製図の際は注意しなければならない。なお、ねじメーカーから配布されている図面を使用する場合が一般的である。 目次 … read more »

薄肉円筒とフープ応力|材料力学

薄肉円筒 薄肉円筒はボイラーや圧力容器などに使用される形状で、内圧によって容器にかかる応力が均一にかかり、耐久力が強い。 目次 フープ応力 薄肉円筒の用途 薄肉円筒 フープ応力 フープ応力とは、密封された円筒容器に内圧が… read more »

Sidebar