工学

データムターゲット|幾何公差,データム

データムターゲット データムターゲットとは、再現性を明確にするため、その製品の凸凹面や測定者の測定誤差の影響を最小化するため、面や線などから部分的に指示することをいう。点、線、円領域、四角領域をターゲットとして指定し、そ… read more »

金属

金属 金属(metal)とは、金属元素によって金属結合によってできた物質である。陽イオンが自由電子を媒介として強固な結合をしている。延性、展性に優れており、塑性変形が大きく機械加工を可能とする。電気や熱を伝えやすく、また… read more »

機械材料の性質

機械材料の性質 機械材料は、機械を構成する目的で用いられる材料である。機械材料は、金属(鉄や銅など)や非鉄金属(セラミックス、ゴム、プラスチック)などによって、さまざまであるが、それぞれの特性を生かして適材適所で選定され… read more »

摩耗

摩耗 摩耗とは、主に機械が日常的に使用されるとき、素材と素材の接触部分において、すり減ることをいう。特に摩耗が激しい部分は、耐摩耗性を高めるため、セラミックスなどの硬度の高い素材の使用、硬度を高める表面処理、潤滑油の使用… read more »

硬度

硬度 硬度とは、材料がもっている硬さのことをいう。ただし、絶対的な指標はなく、それぞれの測定方法によって、規定されている値が基準となっている。 目次 マルテンス硬さ測定法 ブリネル試験法 ビッカース ロックウェル ショア… read more »

靭性

靭性 靭性とは機械材料がもつ靭さ(粘り強さ)のことで、靭性が高ければ高いほど、衝撃的な荷重が加わったときに破壊せず耐える。通常、硬度があがると、靭性が低下し、(もろくなり)、機械材料としての性質は劣るものとなる。 目次 … read more »

引張強さ|応力―ひずみ線図,のびと絞り

引張強さ 引張強さは、機械材料の持つ機械的性質のひとつで、材料の応力(引っ張る力)に対する最大強度を示している。引張強さの単位は N/mm2または Pa(パスカル)で表す。引張強さが高ければ高いほど、材料に対しての強度は… read more »

測定誤差

測定誤差 測定誤差とは、測定に関して、測定値と現物の寸法との差異である。測定者の技術や測定機器の精度、測定に使う定盤の精度の違いから生まれる。通常、測定誤差を加味して公差が設けられるが、特に精密加工では、革新的な問題とな… read more »

公差設計|機械設計

公差設計 公差設計とは、設計の中で公差設計の分野をいい、求める機械的性質、加工やコストを十分に意識して、目標を達成しうる適切な公差を設計することである。適切な公差を設計し、製造工程に正確に伝え、目標とする機械的性質を得て… read more »

直接測定器

直接測定器 直接測定器はノギス、マイクロメータ、ハイトゲージ、スナップメータ、スナップメータのように直接的に狙いの数値を測定する方法である。比較対象を基準にする、比較測定器と区別される。 目次 ノギス マイクロメータ ハ… read more »

Sidebar