工学

工学

締付トルク|ねじをいかなる力で締めるか

締付トルク ねじは、物と物とを結合することができる機械要素であり、ドライバ、スパナ、レンチなどの工具で回すだけで取付けや取外しができる点で非常に優れている。しかし、その容易さゆえに振動や引張力などに弱く、適切な大きさや数、締付トルクを...
工学

ねじの機能|締結のほか、密封、引っ張り・押し出しなど

ねじの機能 ねじは、しばしば、ものとものをつなぐ、締結(結合)の機能で使われることがおおい。そのほか、ものの位置を決めたり、蓋として利用したり、引っ張り・押し出しなどで利用できる。様々な場面で使われているため、ねじの機能を知っておく必...
工学

ねじの公差域|ねじの精度と基準寸法

ねじの公差域 ねじの公差域とは、ねじの精度のことをいい、ねじの寸法が決められた基準寸法に対してどれだけの仕上がり状態(加工度)にあるのかを表す値である。公差域クラスは、公差グレードと公差位置との組み合せで表し、はめあい区分とはめあい長...
工学

ねじ山の種類|三角ねじ、台形ねじ、角ねじなど

ねじ山の種類 ねじ山には主に三角ねじ、台形ねじ、角ねじ、のこ歯ねじ、丸ねじ、電球ねじなどがある。三角ねじは山形が正三角形に近く締結用として一般に利用されている。その他、いろいろなねじが日進月歩で開発されている。 ...
工学

ねじのゆるみと対策

ねじのゆるみと対策 ねじは回すだけで取り付け・取り外しをできる優れた機械要素であるが、一方で使用中にゆるむという大きなデメリットがある。大きな事故につながるため、ねじ締結の設計、締付作業の管理、締結後のメンテナンスなどの場面でゆるみを...
工学

ねじの歴史|ねじの標準化の歴史

ねじの歴史 イギリスで産業革命がおこるとねじの発展が世界中で起こる。イギリスのウィットねじ、アメリカのアメリカなねじ、ドイツ、フランス、スイスのメートルねじがその代表であるが、利便性から規格統一の機運が生まれる。国際規格ISOがその代...
工学

ねじ|ボルトやナットの基本

ねじ screw thread ねじは、小ねじ、木ねじ、タッピンねじ、ボルト、ナットなどに代表される結合・締結を目的とした機械要素である。ドライバ、スパナ、レンチなどで回すだけで取付け・取外しができる部品であり、組み立てと分解が容易に...
工学

データムターゲット|幾何公差,データム

データムターゲット データムターゲットとは、再現性を明確にするため、その製品の凸凹面や測定者の測定誤差の影響を最小化するため、面や線などから部分的に指示することをいう。点、線、円領域、四角領域をターゲットとして指定し、そこからの幾何公...
工学

金属

金属 金属(metal)とは、金属元素によって金属結合によってできた物質である。陽イオンが自由電子を媒介として強固な結合をしている。延性、展性に優れており、塑性変形が大きく機械加工を可能とする。電気や熱を伝えやすく、また、金属独特の光...
工学

機械材料の性質

機械材料の性質 機械材料は、機械を構成する目的で用いられる材料である。機械材料は、金属(鉄や銅など)や非鉄金属(セラミックス、ゴム、プラスチック)などによって、さまざまであるが、それぞれの特性を生かして適材適所で選定される。機械の性質...
タイトルとURLをコピーしました