工学

マグネシウム|Mg,軽くて豊富な構造材

マグネシウム マグネシウム(Mg)の比重は、鉄(Fe)の約4分の1、アルミニウム(Al)の約3分の2であり、構造材として使用される実用金属の中で最も軽い。マグネシウム(Mg)は、天然資源が豊富で、リサイクル性にも優れてい… read more »

鉛|Pb,融点が低く、鋳造しやすい金属

鉛(Pb) 鉛(Pb)は融点が低く、鋳造しやすい金属である。また放射線を透過しにくい、耐食性も高く、とくに濃硫酸に侵されないなどの特質がある。しかし、鉛中毒とよばれる人体への有害性があるため、近年は使用を控える傾向にある… read more »

すず(Sn)|銀白色の金属光沢をもつ金属

すず(Sn) すず(Sn)は、展延性や耐食性に優れる銀白色の金属光沢をもつ金属である。すず(Sn)は、常温以下で再結晶を起こすため、あまり加工硬化しない。したがって、亜鉛(Zn)、鉛(Pb)、アンチモン(Sb)とともに、… read more »

亜鉛(Zn)|融点が低く、鋳造性に優れる

亜鉛(Zn) 亜鉛(Zn)は、融点が低く、鋳造性に優れる青白色の金属光沢をもつ、もろい金属である。比較的安価な素材で広く使われている。特にダイカスト用亜鉛合金と金型用亜鉛合金の需要が高い。 目次 犠牲防食作用 トタン 亜… read more »

チタン(Ti)|軽く、高強度で弾性に富んだ材料

チタン(Ti) チタン(Ti)は、比重が鉄(Fe)の約60%と軽く、高強度で弾性に富んだ材料である。また、耐食性に優れており、海水に対しても完全耐食であること、低温でも粘り強いことなどの特徴をもつ。しかし、熱伝導率が小さ… read more »

チタン合金|軽く高強度で弾性に富んだ材料

チタン合金 チタン合金は、チタン(Ti)にアルゴン(Al)、バナジウム(V)、すず(Sn)、モリブデン(Mo)などを添加して耐食性や機械的強度を向上させた合金である。とくに、アルゴン(Al)を加えることで、純チタンより強… read more »

構造用鋼|種類と用途

構造用鋼 構造物や機械類の構造部材に用いられる鋼材を総称して構造用鋼鋼材という。一般構造用圧延鋼材(SS材)、機械構造用炭素鋼(S-C)材などがその代表であるが、溶接用や工具用、ばね用など様々な用途がある。 目次 一般構… read more »

機械材料|種類と分類

機械材料 機械材料とは、主に工業素材として使われる材料の一般である。使用目的の面から構造物に使用される材料、部品に使用される材料、工具に使用される材料などに大きく分かれる。また、成分の面からは、金属材料、高分子材料、無機… read more »

銅合金|銅(Cu)に亜鉛(Zn)等を添加した合金

銅合金 銅合金は、銅(Cu)に対して、特定の元素を添加することで機械的性質を実現した合金である。銅(Cu)は、展延性や電気伝導性などの優れた性質をしめすが、剛性や硬度などに欠陥がある。銅(Cu)に対して、ZnやNiを添加… read more »

銅(Cu)|銅の性質と利用,銅合金

銅 銅(Cu)は、非鉄金属である。鉄鋼に比べて強度や硬さが劣る傾向にあるため、構造材としては用いられない。一方で、加工性や耐食性に優れ、電気や熱の良導体であること、金以外で唯一金色の光沢をもつなどの特徴がある。任意の元素… read more »

Sidebar