工学

工学

摩耗

摩耗 摩耗とは、主に機械が日常的に使用されるとき、素材と素材の接触部分において、すり減ることをいう。特に摩耗が激しい部分は、耐摩耗性を高めるため、セラミックスなどの硬度の高い素材の使用、硬度を高める表面処理、潤滑油の使用などがとられる...
工学

硬度

硬度 硬度とは、材料がもっている硬さのことをいう。ただし、絶対的な指標はなく、それぞれの測定方法によって、規定されている値が基準となっている。 目次 マルテンス硬さ測定法 ブリネル試験法 ビッカース ロックウェル...
工学

靭性

靭性 靭性とは機械材料がもつ靭さ(粘り強さ)のことで、靭性が高ければ高いほど、衝撃的な荷重が加わったときに破壊せず耐える。通常、硬度があがると、靭性が低下し、(もろくなり)、機械材料としての性質は劣るものとなる。 目次 ...
工学

引張強さ|応力―ひずみ線図,のびと絞り

引張強さ 引張強さは、機械材料の持つ機械的性質のひとつで、材料の応力(引っ張る力)に対する最大強度を示している。引張強さの単位は N/mm2または Pa(パスカル)で表す。引張強さが高ければ高いほど、材料に対しての強度は強く、たとえば...
工学

測定誤差

測定誤差 測定誤差とは、測定に関して、測定値と現物の寸法との差異である。測定者の技術や測定機器の精度、測定に使う定盤の精度の違いから生まれる。通常、測定誤差を加味して公差が設けられるが、特に精密加工では、革新的な問題となる。 ...
工学

公差設計|機械設計

公差設計 公差設計とは、設計の中で公差設計の分野をいい、求める機械的性質、加工やコストを十分に意識して、目標を達成しうる適切な公差を設計することである。適切な公差を設計し、製造工程に正確に伝え、目標とする機械的性質を得て、製造したい製...
工学

直接測定器

直接測定器 直接測定器はノギス、マイクロメータ、ハイトゲージ、スナップメータ、スナップメータのように直接的に狙いの数値を測定する方法である。比較対象を基準にする、比較測定器と区別される。 目次 ノギス マイクロメ...
工学

転造加工

転造加工 転造加工は塑性加工に属する鍛造法であり、材料を回転させながら金型に押し付けることで形を形成するものである。加工時間が短く、材料のムダも生じないなど生産性は高いが、塑性変形に伴う加工硬化により製品は硬くなる。 目...
工学

超伝導

超伝導 超伝導とは、電流の流れに対する抵抗が0になる現象をいう。超伝導状態になった材料は同時に強い反磁性を示すため、磁場を受けると反発する。実用面では、超伝導磁気コイルを用いた磁気浮上や、超伝導を用いた電力ケーブルなど、エネルギー分野...
工学

超音波洗浄

超音波洗浄 超音波洗浄は、洗浄する物体に水や溶剤のなかにひたし、超音波を発生する装置を用いて微細な気泡を発生させ、気泡の弾ける衝撃力(キャビテーション)によるエネルギーで、汚れ(油・塵・汚れ)を浮き上がらせて洗浄する方法である。通常の...
タイトルとURLをコピーしました