工学

工学

摩擦クラッチ

摩擦クラッチ 摩擦クラッチとは、原動側と従動側に取りつけた摩擦板を押しつけて接触させ、その摩擦力によって動力を伝えるクラッチである。摩擦クラッチは、最初は衝撃がなくなめらかに回転するが、摩擦力によって徐々に従動軸が加速し、両軸が一体と...
工学

転がり軸受の定格寿命

転がり軸受の定格寿命 転がり軸受における定格寿命(Ln)とは、安全に回転できる総回転数や一定回転速度における総運転時間を表したものである。同一運転条件で使用される同一呼び番号の軸受を個々に使用したとき、90%の軸受が繰り返し応力による...
工学

軸受と摩擦熱との関係

軸受と摩擦熱との関係 軸受に接触面で回転や摺動があると、接触面で摩擦熱が起こる。このときに潤滑が悪いと焼付や破損につながる。機械の運営の際に潤滑が甘いことは十分にあり得るため、許容限界内に抑える必要がある。 単位時間...
工学

ジャーナル|ラジアル荷重がかかる軸受

ジャーナル ジャーナルとは、軸が軸受に支えられている部分をいう。軸受には回転運動や摺動を行うため、軸には相応の負担がかかることになる。そのため、潤滑油、軸の強度や十分な軸径は重要な要因である。 ラジアル荷重 ジ...
工学

自動調心玉軸受の呼び番号および寸法

自動調心玉軸受の呼び番号および寸法 自動調心玉軸受とは、外輪の軌道面が球面状になっており、取付時の軸心の傾きを自動で調整する軸受である。 自動調心玉軸受の呼び番号および寸法は、下記のようになっている。(単位 ㎜) 自...
工学

ラジアル軸受(円筒穴)のはめあい

ラジアル軸受(円筒穴)のはめあい ラジアル軸受(円筒穴)のはめあいは、下記で表される。 ラジアル軸受の内輪に対するはめあい 軸受の等級 内輪回転荷重または方向不定荷重 内輪静止荷重 ...
工学

軸|動力を伝える機械要素

軸 軸(shaft)とは、回転と動力を伝えるための機械要素である。またキーや軸継手、歯車やプーリ、スプロケットなどによって、軸と回転部品や軸と軸をつなぐことができる。軸はシャフト(shaft)とも呼ばれるが、車軸のように曲げ荷重がかか...
工学

伝動軸

伝動軸 伝動軸とは、回転しながらねじりモーメントによって仕事を伝達する軸である。 動力はトルク×角速度で表される。 動力 動力(単位あたりの仕事)はトルクT×角速度ωで表されるため、どち...
工学

圧力容器|フープ応力

圧力容器 圧力容器とは肉厚が内径に比べて厚い容器のことである。フープ応力(板の断面にかかる応力)は内側ほど大きくなり、外側ほど小さくなる。 フープ応力
工学

重ね板ばね

重ね板ばね 重ね板ばねとは、三角板ばねの板を細長く切断し、重ねて省スペースにしたもので自動車などの緩衝装置として使われている。センターボルトで締め付け固定する方法と胴締金具で固定する方法がある。 同じ板厚が重...