2つの壁に固定された段付き棒の計算

2つの壁に固定された段付き棒の計算

2つの壁に固定された段付き棒の計算を考える。

力のつり合い

材料(青)にかかる力と材料(緑)にかかるに着目して、P1・R2の向きプラスとすると、次のような次式で表される。

フックの法則と伸び

フックの法則ひずみの公式から、伸びがわかる。

材料(青)の伸び

材料(青)の伸びをλ1、材料(緑)の伸びをλ2ととすると、次式で表される

段付き棒全体の伸び

材料(青)の伸びと材料(緑)の伸びを合計する。全体では伸びは0であることがわかる。

材料(青)と材料(緑)にかかる力

①、②からそれぞれR1、R2について解くと次式のようになる。

材料(青)と材料(緑)にかかる応力

材料(青)と材料(緑)にかかる応力はと次式のようになる。