JIS 角ねじ|規格

角ねじ square thread

角ねじとは、ねじ山の断面が長方形(正方形)のねじで、三角ねじに比べて摩擦力が小さい。ねじプレス、万力、ジャッキなど、大きな力が働く機械に用いられる。力を軸方向に押す力を発生する装置として使われる。一般にセラース標準角ねじが使われる。

万力

万力

角ねじのねじ山

角ねじの山形の断面

角ねじの山形の断面

セーラス標準角ねじ(単位mm) 10 – 56

セーラス標準角ねじ

呼び径 d1 N
10 10 7.2 9
12 12 8.8 8
14 14 10.8 8
16 16 12.4 7
18 18 14.4 7
20 20 15.8 6
22 22 17.8 6
24 24 19.8 6
26 26 20.9 5
28 28 22.9 5
30 30 24.9 5
32 32 26.4 4.5
36 36 30.4 4.5
40 40 33.6 4
44 44 37.6 4
48 48 41.6 4
52 52 45.6 4
56 56 48.7 3.5
呼び径 d1 N

セーラス標準角ねじ(単位mm) 60 – 190

セーラス標準角ねじ

呼び径 d1 N
60 60 52.7 3.5
65 65 57.7 3.5
70 70 62.7 3.5
75 75 66.5 3
80 80 71.5 3
85 85 76.5 3
90 90 81.5 3
95 95 85 2.5
100 100 90 2.5
110 110 100 2.5
120 120 110 2.5
130 130 120 2.5
140 140 128 2
150 150 138 2
160 160 148 2
170 170 158 2
180 180 165 1 2 3
190 190 175 12 3
呼び径 d1 N

Note

表中Nは25.4㎜についてのねじの山数。

タイトルとURLをコピーしました