封建制度|中世ヨーロッパや日本の支配形態

封建制度

封建制度は中世ヨーロッパに代表される支配システムのことをいう。君主は、領主や家臣に領土を与える代わりに、租税、貢物、出兵を与える関係として成立する。君主と臣の間の主従関係に基づく統治制度である。中世のヨーロッパや中世の日本、中国のに代表されるが、それぞれ性格は異なる。

目次

中世ヨーロッパの封建制度

中世ヨーロッパの封建制度は、土地に基づいた君臣関係による支配体制である。臣下は主君に忠誠を誓い、奉仕するのに対して、主君は臣下を保護し、封土を与えるという関係において両者は結びついた。

周の封建制度

は古代中国の王朝でさるが、周王朝を滅ぼして、その支配が東方諸国に延びると、血縁の同族を諸侯として地方の要地に配して支配させる封建制度を行った。の封建制度をしいた。血縁を基礎とする団結力によって、を中心とする支配体制を確立した。したがっての封建制度は、君臣関係というよりも、本家と分家という関係に基づくものである。


Sidebar