ボルト|概要と種類

ボルト

ボルトとは、最も一般的に使用されるねじの一種をいう。頭部が六角になっている六角ボルトや六角の穴があけられている六角穴付きボルトがその代表である。ワッシャー(座金)やナットなどとともに使われる。そのほか、使用目的や形状により、多くの種類がある。

ボルトナット

通しボルト

通しボルトは最もポピュラーなボルトで、貫通穴を開けた素材にボルトを通しナットで締める。

通しボルト

ねじ込みボルト・植込みボルト

ナットを使わないボルトで、部品にめねじを作り、それを利用してその他の部品を通しボルトの要領で締結させる方法である。このとき、その他の部品も(貫通穴ではなく)めねじを作る場合、植込みボルトという。

ねじ込みボルト

T溝ボルト

T溝ボルトは、T溝に、ボルトをはめて任意の位置で締め付けるボルトである。

T溝ボルト

Uボルト

Uボルトは、U型のボルトで配管部分の支えとして使われることが多い。

Uボルト

アイボルト

アイボルトは、機械や重い部品をつり上げるために用いるボルトである。輪にっている部分をクレーンにひっかけて吊り上げる。同じ機能を持つアイナットというナットもある。

アイボルト2D

基礎ボルト

基礎ボルトはアンカーボルトとも呼ばれ、建設や大きな機械において、基礎工事に使う植込みボルトである。コンクリートの中に植込み、半永久的に固定するとき使う。

リーマボルト

リーマボルトとは、リーマ加工によって軸部の公差を厳格に設定されたボルトである。(主に中間ばめ)隙間が小さく穴にはめ込み、ずれ止めの役目を担うボルトである。せん断応力がかかるときや位置決めに使われる。

全ねじ・半ねじ

ボルトの軸のすべてにねじが切られているものを全ねじ、部分的にねじが切られているものを半ねじという。半ねじのほうが作りやすく、一般的である。