シャルピー衝撃試験

シャルピー衝撃試験

シャルピー衝撃試験とは、材料に衝撃荷重を与え、破断にいたるまでに吸収されるエネルギーを測定する試験である。ハンマーを高いところから振り落とし、切り欠きをつけた試験片に破断させる。ハンマーは破断させた後も、一定の高さまで上がるが、このハンマーの高さから吸収エネルギーを求めることができる。

シャルピー衝撃値

シャルピー衝撃値[J/cm2]とは、吸収エネルギーを試験片の断面積で割った値である。鋼のような延性材料では衝撃値が高く、ガラスのような脆性材料では、衝撃値が低くなる。

脆性破面率と吸収エネルギー

シャルピー試験は、じん性を評価する試験で、遷移温度をじん性評価の相対尺度としている。

  • じん性が高い:脆性破面が多く、吸収エネルギーが小さい。
  • じん性が低い:脆性破面が少なく(延性)、吸収エネルギーが大きい。

シャルピー衝撃試験