キャビテーション

キャビテーション

キャビテーションとは、ターボポンプや船のスクリュー、高差圧のバルブなどにおいて、流速が上昇することで、圧力の低下が起る(ベルヌーイの定理)が、圧力が飽和蒸気圧以下になると、液体は蒸発して液体中に蒸気泡が発生するという現象である。

騒音・振動・腐食

キャビテーションで発生した気泡は、一か所(高圧部分)に集まり、はじけるときに液体が壁に高速で当たることで、騒音・振動の発生、また、機器・配管の表面に侵食などを引き起こす原因になる。