てこクランク機構

てこクランク機構

てこクランク機構とは、四節回転連鎖機構(4つのリンク(節)からなる基本的な機構)の中で、1つのリンクが360°回転する機構である。

自由度

上図においてaが360°回転し、他は同じ動きを繰り返すため、自由度は1である。

速さの調整

長さを調節することで、動きの強弱をつけることができる。

てこクランク機構の角度計算

てこクランク機構の角度の計算は下記の通りである。リンクa,b,c,dをそれぞれ100㎜、350㎜、200㎜、400㎜とする。リンクaが360°で回転するときの三角形を考えて、リンクcのふり幅を求める。

余弦定理

余弦定理を使うことで計算が可能である。

リンクcが右端のとき

リンクcが右端のとき下記の通りで求めることができる。

リンクcが左端のとき

リンクcが左端のとき下記の通りで求めることができる。

ふり角度

ふり角度は、φ1からφ2を引くことで求められる。