『方法序説』デカルト

『方法序説』デカルト

1637年、デカルトによって発表される。デカルトの学問方法を自叙伝的に述べた。ガリレイ宗教裁判にかけられたことを聞いたデカルトが、地動説を支持する内容の『宇宙論』の刊行をとりやめ、そのかわりに発表した三つの論文につけられた序論である。

『方法序説』デカルト

『方法序説』デカルト