機械設計

工学

基本設計|機械設計において具体的に設計する工程

基本設計 基本設計は、機械、建築、システムなどの設計業務のために用いる用語で、構想設計や仕様書によって定義された製品の機能、性能、仕様に対して、詳細に至るまで具体的に設計する工程である。具体的明瞭に図面におこし、実現可能なものにする。...
工学

鋳造|溶融金属を鋳型に注入して凝固させる加工法

鋳造 鋳造は、溶融金属を鋳型に注入して凝固させることで、複雑な形状の製品を一体で成形できる加工法である。また、鋳造で製作された製品を鋳物といい、多種多様な製品を作ることができる。複雑な形状を作製でき、小物から大物まで作ることができる。...
工学

フェイルセーフ

フェイルセーフ フェイルセーフとは、信頼性設計のひとつで、機械やシステムにおいて、あらかじめ破壊や事故を想定して、致命的な破壊にいたらずに安全な形で壊れるように設計することである。どれほど厳密に計算した機械やシステムでさえ、いずれ故障...
工学

組立図|製図,JIS,機械設計

組立図 組立図とは、各部品がどのような位置関係で組み立てられるのかを記載した図面である。製図以降の工程において、組立図を元に製造物が組み立てられる。 目次 部品点数 向き 作図の順番 ...
工学

製図|製図の種類,機械設計

製図 製図とは図面を描く行為である。機械や建築の分野で使用される。製図技術は最初に産業革命が起こったイギリスから発展した。かっては紙の上に器具を用いてペンや鉛筆で図形を描く方法がとられたが、IT技術の発達によりCADによる製図が主流に...
工学

安全率|安全な設計のための基準

安全率 安全率とは、機械や構造物を安全に使うための基準である。どんなに厳密に計算しても、誤差や予想もつかない使い方、厳しい使用環境などで、予想外の負担を機械や構造物に強いることが起こりうる。機械や構造物の設計は、安全設計を目指す必要が...
工学

機械設計|機械の設計とはなにか

機械設計 機械設計とは、機械要素や力学などの知識や経験を基に、要求される仕様に合った機械を創造する行為をいう。機械設計の大きな流れは、企画、設計、試作品、評価の工程で行われるが、製造、コスト、流通、販売まで視野にいれる必要があり、工学...
工学

しまりばめ|JIS,機械設計,製図

しまりばめ しまりばめとは、穴と軸を組み立てたときに、常にしめしろができるはめあいである。すなわち、穴の最人寸法が軸の最小寸法よりも小さいものである。その他、必ず、すきまができるはめあいをすきまばめ、すきまあるいはしめしろができるはめ...
工学

表面性状パラメータ|表面粗さ,Ra,

表面性状パラメータ 表面性状パラメータとは、表面の微細な幾何学的特性を表すパラメータであり、輪郭曲線パラメータ、モチーフパラメータ、負荷曲線に関連するパラメータがある。しばしば、輪郭曲線パラメータの中の粗さパラメータが問題なることが多...
工学

寸法公差|JIS,図面,寸法

寸法公差 寸法公差とは、基準寸法に対応する最大許容寸法と最小許容寸法との差であり、サイズを規定している。寸法公差は、正負の符号をもたない絶対値で表現される。寸法はノギスやマイクロメータで測定されるが、加工者は、それぞれに測定誤差がある...
タイトルとURLをコピーしました