哲学

人文科学

プラトンの政治

プラトンの政治 プラトンは政治に強い興味があり、政治的な能力も高かった。軍人として戦争も経験している。国家観は保守的であるが、現実の政治はソクラテスを死に追いやり、また、晩年、若き支配者ディオニシオス二世の教師としてシシリーに行こうと...
人文科学

哲学|哲学とはなにか。

哲学 Philosophia 哲学は、一般に世界や人生が全体として何であるか、どのような意味や目的を持つ物かという根本的な問題を考える学問である。日常生活で自明の前提とされている一定の世界秩序や価値体系を、それらを自覚的・批判的に問う...
人文科学

プラトンの著書

プラトンの著書 プラトンの著書は大きく三つのグループがある。 第一のグループは、主に道徳的卓越性の追求や勇気や徳や性質に関わる初期の対話篇からなっている。 第二のグループは、プラトンの学説をのべているグループ。『国家』。とそれに関...
人文科学

タレス|「汝自身を知れ」,万物の根源は「水」である

タレス 紀元前624年頃 - 紀元前546年頃 タレスは、自然哲学者のうちの一人である。イオニア地方のミレトス出身。ギリシア七賢人の一人。自然哲学の祖といわれる。万物の根源(アルケー)を『水』と考えた。従来の神話的(ミュトス)な説明か...
人文科学

エトムント・フッサール|思想と現象学

エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール  Edmund Gustav Albrecht Husserl フッサール(1859.4.8 - 1938.4.27)オーストリアの哲学者。主著は『論理学研究』、『イデーン』、『ヨーロッ...
哲学

予定調和|ライプニッツ

予定調和 harmonie 予定調和とは、相互に交渉のない個々のものが調和した全体的秩序を形成するように定められていること ライプニッツの予定調和 ライプニッツは世界はモナドで満ちており、無数のモナドが表象...
人文科学

ジョージ・バークリー|存在するとは知覚されることである。

ジョージ・バークリー George Berkeley 1685年3月12日 - 1753年1月14日 ジョージ・バークリーは、イギリス・アイルランドの哲学者・聖職者。主著は、『視覚新論』、『人知原理論』。経験論の立場から知覚の経験を重...
人文科学

ウィリアム・ジェイムズ|プラグマティズム,泣くから悲しいのだ

ウィリアム・ジェイムズ William James 1842年1月11日 - 1910年8月26日 ウィリアム・ジェイムズはアメリカの心理学者・哲学者。主著『心理学原理』『プラグマティズム』『宗教経験の諸相』。心理学では、「我々は...
人文科学

アリストテレスの倫理学

アリストテレスの倫理学 アリストテレスは最高の善を幸福(エウダイモニア)と考えた。幸福とは人間の本来持っている特質を十分発揮するという。人間の本来持っている特質とは、価値のことで、人間の徳(アレテー)である。理性の純粋な活動を楽しむ観...
人文科学

ジョン・ロック|思想と哲学

ジョン・ロック 1632~1704 ジョン・ロックはイギリスの哲学者である。政治家。主著は『人間知性論』、『統治二論(市民政府論)』、『寛容についての書簡』。経験主義の基礎づけを行い、世界についての知識はすべての経験に基づくと説明する...
タイトルとURLをコピーしました