哲学

人文科学

プラトンの著書

プラトンの著書 プラトンの著書は大きく三つのグループがある。 第一のグループは、主に道徳的卓越性の追求や勇気や徳や性質に関わる初期の対話篇からなっている。 第二のグループは、プラトンの学説をのべているグループ。『国家』。とそれに関...
人文科学

プラトンの政治

プラトンの政治 プラトンは政治に強い興味があり、政治的な能力も高かった。軍人として戦争も経験している。国家観は保守的であるが、現実の政治はソクラテスを死に追いやり、また、晩年、若き支配者ディオニシオス二世の教師としてシシリーに行こうと...
人文科学

プラトン |哲学と思想

プラトン Plato B.C.427~B.C.347 プラトンは、古代ギリシアの哲学者である。アテナイ出身。主著は、『饗宴』『ソクラテスの弁明』『国家』。形而上学、倫理学、認識論、政治学、心理学、数学、神学、芸術などで深い思索をおこな...
人文科学

ピコ・デラ・ミランドラ

ピコ・デラ・ミランドラ Giovanni Pico della Mirandola、1463.2.24 - 1494.11.17 ルネサンスの哲学者、人文主義者。主著『人間の尊厳について』。イタリアのミランドラに領主の子として生まれる...
人文科学

タレス|「汝自身を知れ」,万物の根源は「水」である

タレス 紀元前624年頃 - 紀元前546年頃 タレスは、自然哲学者のうちの一人である。イオニア地方のミレトス出身。ギリシア七賢人の一人。自然哲学の祖といわれる。万物の根源(アルケー)を『水』と考えた。従来の神話的(ミュトス)な説明か...
人文科学

カントの判断力批判

純粋理性批判と実践理性批判の対立の克服 『純枠理性批判』と『実践理性批判』において、カントは一方に感性的世界を、他方に道徳的世界を対立させた。前者においては必然性が、後者においては目的が支配するが、このふたつは対立するものの、人間はこ...
人文科学

カントの倫理学

カントの倫理学 カントの倫理は、彼の主著である『実践理性批判認識』や『人倫の形而上学の基礎づけ』で論じられている。認識としての自我にアプリオリがあったように、実践的自我もまた経験にアプリオリを持つとし、道徳の経験的規定に対して先験的規...
人文科学

アリストテレスの霊魂論|心理学

アリストテレスの霊魂論 アリストテレスによれれば、感覚作用は動物の中にある霊魂に関わるものであり、霊魂は生命とともに、感覚、記憶、理性、意思などとも関わると考えられていた。アリストテレスはプラトンの霊魂と肉体の二元論には反対する。霊魂...
人文科学

アリストテレスの著書

アリストテレスの著書 アリストテレスはプラトンに習い、対話形式や書簡体の本を出版し、没後数世紀に渡り人々に親しまれた。ところが、紀元前1世紀ごろ、アリストテレスがリュケイオンで行った大量の講義ノートが発見され、古代ローマの政治家スーラ...
人文科学

アリストテレスの倫理学

アリストテレスの倫理学 アリストテレスは最高の善を幸福(エウダイモニア)と考えた。幸福とは人間の本来持っている特質を十分発揮するという。人間の本来持っている特質とは、価値のことで、人間の徳(アレテー)である。理性の純粋な活動を楽しむ観...