仏教

人文科学

バラモン教|インドの宗教,業(カルマ)と輪廻

バラモン教 Brahmanism バラモン教(紀元前1500ころ-)は、インドを中心に進行される、氏族主義(ヴァルナ)と身分制度を基盤とした民族宗教である。紀元前15世紀ごろ、アーリア人は、中央アジアからインドに侵入したが、そこに住...
世界史

パガン朝|ミャンマー人のアノーラタによって建てられた統一国家

パガン朝 パガン朝は、11世紀半ば、ミャンマー人のアノーラタによって建てられた最初の統一国家である。イラワジ河岸のパガンを都として栄えた。ミャンマー人は、南詔に服属していたが、しだいに南下してピュー人やモン人を支配しながら建国した。 ...
世界史

マウリヤ朝|チャンドラグプタによるインド初の統一国家

マウリヤ朝 マウリヤ朝は、前317頃~前180頃に栄えたマガダ国の一王朝で、インド史上初の統一国家を樹立した。アレクサンドロスの西北インド侵入の直後、チャンドラグプタがナンダ朝を倒して創立した。アショーカ王の時代に全盛期を迎え、南端部...
世界史

マガダ国|ガンジス川で栄えた仏教、ジャイナ教を生んだ王国

マガダ国 マガダ王国は、インド最古の王国の一つで、ナンダ朝のもとでガンジス川流域の諸王国をまとめ、ビンビサーラ(位前546頃~前494頃)とアジャータシャトル(位前494頃~前462頃)の時代に強力となった。前6世紀、ガンジス川中流域...
世界史

モン人|古代からミャンマーで生きる先住民族

モン人 モン人はビルマ(現在のミャンマー)南部・タイ中西部に散在していた南アジア語系の先住民で、ドヴァーラヴァティーを建国したことで知られる。いちはやくインドの文化や仏教を取り入れ、周辺の東南アジア諸国に影響を与えた。ドヴァーラヴァテ...
世界史

仏典結集|仏教の僧たちの教説の編墓事業

仏典結集 仏典結集は、シャカの死後、シャカの弟子たちによって行われた教説の収集・編墓事業えおいい、4度の結集が行われた。シャカの没後、シャカが生前に語った法語が失われるのを防ぎ、また異説の生じないように、弟子たちが集まって各自の記憶す...
世界史

仏教|ブッダが始めた徹底した無常観とその解脱の宗教

仏教 仏教は、前5世紀頃シャカが始めた宗教。徹底した無常観に立ち、八正道の実践と四諦(生老病死の四苦から離脱する正しい認識方法)による解脱を説いた。当時支配的であったヴァルナ制という身分制度を否定し、慈悲の心と人間の平等を説いた。クシ...
世界史

大越国|ベトナム人待望の独立国家,ダイベト

大越国 大越国(ダイベト)は、1009年から1225年まで続いたベトナム北部の王国である。季公蘊が建設したことから李氏大越国(李朝)ともいう。首都は昇竜(現ハノイ)。12世紀初めまで盛んで、宋軍を撃退し、チャンパーに3度遠征し、仏教・...
世界史

アンコール朝|アンコールワットやアンコールトムの世界遺跡

アンコール朝 アンコール朝(802-1432)は、カンボジア北西部のアンコール地方を中心に栄えたクメール人の王朝である。アンコール地方に都をおき、インドシナ半島の中部・南部のほぼ全域び、真臘の全盛期を支えた。アンコール=ワットやアンコ...
世界史

世界三大宗教|仏教・キリスト教・イスラム教

世界三大宗教 仏教・キリスト教・イスラム教 世界三大宗教とは、仏教、キリスト教、イスラム教のことで、すべての人間を平等に取り扱い、階級や貧富を超えた、広い愛を唱えたことに共通点があるが、この点で、その教えは広がり、世界的宗教といわれる...