フッサール

人文科学

現象学的還元|フッサール,現象学への方法論

現象学的還元 現象学的還元とは、フッサールが提唱した現象学の方法論である。現象学的還元によって出発点にたつことができる。我々は日常的に世界は客観的・無条件に実在しているという常識の中に生きている。こうした自然的態度を一時保留(エポケー...
人文科学

ジャン=ポール・サルトル|実存は本質に先立つ

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル Jean-Paul Charles Aymard Sartre サルトル(1905年~1980年)はフランスの文学者、哲学者である。主著は『実存主義とはなにか』、『存在と無』、『弁証法的理...
人文科学

エトムント・フッサール|思想と現象学

エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール  Edmund Gustav Albrecht Husserl フッサール(1859.4.8 - 1938.4.27)オーストリアの哲学者。主著は『論理学研究』、『イデーン』、『ヨーロッ...
人文科学

現象学|現象学とはなにか。

現象学 Phänomenologie(独) 哲学者のフッサールが提唱した哲学で、世界があると素朴に信じる日常の「自然的態度」から、純粋な意識の内面に立ち返り、そこにあらわれる現象をありのままに記述する学問である。日常の経験では、世界は...
人文科学

レヴィナス|倫理と思想,全体性と無限

レヴィナス Emmanuel Lévinas レヴィナス(1906.1.12 - 1995.1225)はフランスの哲学者、倫理学者。主著は『全体と無限性』フッサールの現象学とハイデガーの存在論から学び、フランスに伝えた。ユダヤ人として...