パンとサーカス

世界史

ガイウス・ユリウス・カエサル|共和政から帝政ローマへの英雄的将軍

ガイウス・ユリウス・カエサル カエサルは平民派の政治家で大衆の支持を背景にローマの独裁者として権力を握った。ポンペウイス、クラッススとともに第1回三頭政治を行う。当初は二人に対して劣勢であったが、前58年からガリアへの遠征を成功させて...
世界史

ネロ|暴虐なローマ帝国の皇帝ネロ,キリスト教弾圧

ネロ ネロはローマ帝国の第5代目皇帝である。義理の弟や母親を殺し、政敵を殺し、キリスト教への弾圧を行った暴虐な皇帝で知られる。19世紀のイタリア人が「ネロの心はローマ人で、頭はギリシア人である」と称したように、学芸や詩にも精通し、ギリ...
世界史

共和政ローマ(2/2)|地中海全土制圧と英雄カエサル

共和政ローマ 共和政ローマは、イタリアに住み着いたラテン人がティベル河畔に建設した都市国家が発展した国家である。伝説では前753年に建国されたとされるが定かではない。共和政ローマは将軍カエサルの躍進をきっかけにその政治体制を大きく転換...
世界史

アウグストゥス(オクタウィアヌス)|帝政ローマの始まり

アウグストゥス アウグストゥス(オクタウィアヌス)はカエサルの後を継ぎ、40年以上の統治期間、皇帝として君臨する。大衆や民会、元老院の話に耳を傾けた政治姿勢は、元首政と呼ばれる。カエサル・アウグストゥス(オクタウィアヌス)をきっかけに...
世界史

剣闘士競技|ローマ帝国の剣奴,パンとサーカス

剣闘士競技 剣闘士競技は、元来神に捧げる儀式であったこの競技は、ローマ人が好んで観戦する娯楽となった。時の皇帝は市民の人気を得るため、度々、巨額を投じて剣闘士競技を開催した。 目次 剣奴 パンとサーカス 皇...
世界史

ラティフンディア|ローマ帝国を支えた奴隷に基づく大土地経営

ラティフンディア ラティフンディア(別名:ラティランディウム)は、奴隷使用に基づく大土地経営である。貴族や上層平民が、征服活動で広がった公有地を私有地化したり、農民から土地を買い占めて大土地所有者となり、奴隷を酷使して、主にブドウ・オ...