カント

哲学

善|哲学,宗教,善とはなにか。

善|哲学,宗教 善とは、倫理や道徳において使われる言葉で倫理的・道徳的であることを意味する。徳や良心など。ニュアンスは幅く古代ギリシアの哲学者アリストテレスは「“善い”という言葉は“有る”と同じように多くの意味で使われると述べている。...
哲学

総合判断と分析判断|カント

総合判断と分析判断 総合判断、分析判断とは、ドイツの哲学者カントの認識論に関する重要な用語。カントは人間の判断を分析判断と総合判断の2種類に分類する。分析判断とは、は述語の概念がすでに主語の概念の中に含まれている判断であり、総合...
哲学

アプリオリ

アプリオリ アプリオリとは、本来は、「〜より先に」という意味で、経験に先立ち、経験から得られたのではない生得的な経験をさす。反対語は、経験に基づき、経験から得られたものはアポステリオリ(後天的)である。カントの批判哲学において有名な言...
人文科学

理性|古代ギリシア,アリストテレス,スコラ哲学,カント

理性 理性,Vernunft,reason,raisonは、ラテン語のratioに由来し、このratioはギリシア語のロゴスを訳したものである。1.一般に物事を論理的・概念的に判断する思考能力。2.正当な倫理的判断を行い、道徳や道理に...
哲学

定言命法

定言命法 定言命法とは、カントの倫理学の主要概念である。行為を条件的に「Bをすべし」という形で常に無条件で命じる道徳法則の命令形式をいう。いつ、どこでも人間に普遍的に適用する、カントの道徳法則の形式である。それに対し、「もしもAを欲す...
哲学

格率|カント

格率 格率とは、世間一般的に常識となっている生活上の方針を意味する。規則や掟などが同義語である。 格率 哲学者カントは、自分だけに妥当する主観的な行動原則をさし、すべての人々に普遍的に適合する、客観的な道徳法則と区別さ...
人文科学

イマヌエル・カント|純粋理性批判

イマヌエル・カント Immanuel Kant イマヌエル・カントは、ドイツの哲学者であり、理性に信頼をく啓蒙思想の完成者であるといえる。主著『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』、『永遠平和のために』、『単なる理性の限界...
人文科学

アルトゥル・ショーペンハウアー|思想と哲学

アルトゥル・ショーペンハウアー Arthur Schopenhauer ショーペンハウアー(1788.2.22 - 1860.9.21)はドイツの哲学者・思想家である。主著は『意志と表象としての世界』。理性主義の哲学に反対して、生...
世界史

自由|キリスト教, ドイツ観念論, 実存主義, 生物学,他

自由 自由は、一般的には強制や支配を受けずに拘束されていない状態をいう。思想や法・政治における自由では、法やルールの範囲で可能な行動を示すが、国や宗教、時代において、様々な解釈が存在する。 「~からの自由...
哲学

『道徳形面上学の基礎づけ』カント

『道徳形面上学の基礎づけ』カント 『道徳形面上学の基礎づけ』はカントの著作のひとつで『実践理性批判』とともにカントの倫理学や道徳論について書かれている。『実践理性批判』よりも間接的に述べられ入門書的な立ち位置である。善いことをなそうと...