文学

坂口安吾|昭和の小説家・文学者,堕落論

坂口安吾 坂口安吾は昭和の小説家・文学者。第二次世界人戦の敗戦後、それまでの権威や価値観が急激に崩れ、人々は、新しい秩序を求めながら、生きていくための価値観を探し求めた。こうした時代の道徳的な頽廃を見た坂口安吾は、『堕落… read more »

夏目漱石|近代日本の文学,近代的自我

夏目漱石 夏目漱石は、近代日本の代表的作家で、文学を通して近代的自我のあり方を追求した。東京牛込の名主の末子で、本名、金之助。生後すぐに里子に出され、そこから養子に出され、14歳で実母と死別するなど家庭的に恵まれない幼少… read more »

近松門左衛門|歌舞伎・浄瑠璃,『曽根崎心中』

近松門左衛門 近松門左衛門は越前国出身越の作家で歌舞伎や浄瑠璃を書いた。主な作品は『曽根崎心中』『冥途の飛脚』『国性(姓〉爺合戦』。 越前国(福井県)吉江藩の藩士の次男として生まれた。父が浪人になったことをきっかけに一家… read more »

井原西鶴|浮世草子,人間の持つ欲の肯定

井原西鶴 井原西鶴は、江戸時代前期の浮世草子の作家である。代表作は『好色一代男』、『好色一代女』、『日本永代蔵品』、『世間胸算用』。 大坂の富裕商人の子として生まれた。談林派(だんりん)の西山宗因に俳諧を学び、師の死去を… read more »

『デカメロン』 ボッカッチョ

『デカメロン』 ボッカッチョ 『デカメロン』 ルネサンス期のボッカッチョの代表的な小説。デカメロンとは、十日という意味で、『十日物語』と訳される。ペストの流行を避けてフィレンツェ郊外の別荘にこもった若い男女が、倦怠と退屈… read more »

Sidebar