文学

人文科学

ホメロス|古代ギリシアの吟遊詩人,ギリシア神話

ホメロス Homeros ホメロス Homeros 生没年不詳。前8世紀頃に活動したとされる古代ギリシアの盲目の詩人だが、実在も含めてよくわかっていない。主著は『イリアス』『オデュッセイア』であるが、多くの歌い手によって吟唱されるうち...
哲学

キルケゴールの著作|『死にいたる病』,『あれか、これか』

キルケゴールの著作 キルケゴールは、多くの著作を偽名で発表している。たとえば『死に至る病』はアンチ・クリマクスという名前で出版されている。主著は、『死に至る病』を筆頭に、『あれか、これか』、『哲学的断片』、『不安の概念』、『誘惑者の日...
文学

坂口安吾|昭和の小説家・文学者,堕落論

坂口安吾 坂口安吾は昭和の小説家・文学者。第二次世界人戦の敗戦後、それまでの権威や価値観が急激に崩れ、人々は、新しい秩序を求めながら、生きていくための価値観を探し求めた。こうした時代の道徳的な頽廃を見た坂口安吾は、『堕落論』で人間が人...
人文科学

森鴎外|諦念,「かのように」の哲学,『舞姫』『雁』他

森鴎外 森鴎外は近代日本の代表的な文学者である。主著は『舞姫』『雁』『阿部一族』『山椒太夫』『高瀬舟」『渋江抽斎』。森鴎外は明治時代当時の自然主義文学を批判し、近代的な自我を追求するロマン主義の文学を書いた。そのような自我意識の高まり...
文学

夏目漱石|近代日本の文学,近代的自我

夏目漱石 夏目漱石は、近代日本の代表的作家で、文学を通して近代的自我のあり方を追求した。東京牛込の名主の末子で、本名、金之助。生後すぐに里子に出され、そこから養子に出され、14歳で実母と死別するなど家庭的に恵まれない幼少年期を余儀なく...
文学

『ラーマーヤナ』|インドの二大叙事詩のひとつ。

『ラーマーヤナ』 『ラーマーヤナ』は、コーサラ国のラーマ王子と貞節な妻シーターの波乱に満ちた物語で、7編2万4000詩句からなっている。『マハーバーラタ』と並ぶ2大叙事詩である。核となった物語は後期ヴェーダ時代にまでさかのぼるが、吟遊...
哲学

マルクスの生涯|共産主義への活動と貧困

マルクスの生涯 マルクスは、共産主義を実現のために尽力したドイツの哲学者、思想家、歴史学者である。マルクスの考え方は、マルクス主義として世界中の多くの人に影響を与えた。ボン大学で法学を学んだが、ベルリン大学で哲学・歴史等で学んだ。ヘー...
文学

井原西鶴|浮世草子,人間の持つ欲の肯定

井原西鶴 井原西鶴は、江戸時代前期の浮世草子の作家である。代表作は『好色一代男』、『好色一代女』、『日本永代蔵品』、『世間胸算用』。 大坂の富裕商人の子として生まれた。談林派(だんりん)の西山宗因に俳諧を学び、師の死去を契機に浮世草...
文学

ジョヴァンニ・ボッカッチョ|イタリアの詩人,小説家

ジョヴァンニ・ボッカッチョ Giovanni Boccaccio 1313-75 ボッカッチョは、ルネサンスのイタリアの詩人・小説家。主著は、小説『デカメロン』『フィロコロ』。長詩『愛の幻影』『フィエソーレ』。父はボッカッチョ・ディ・...
文学

清少納言|平安時代の随筆家,『枕草子』

清少納言 清少納言は平安時代に活躍した随筆家である。『枕草子』歌詠みの家柄に生まれ、中宮定子のもとに出仕する。後宮の様子を女文字(仮名)で綴った『枕草子』は、今でも紫式部の『源氏物語』とともに、名高い古典文学として長年にわたって親しま...
タイトルとURLをコピーしました