文学

文学

清少納言|平安時代の随筆家,『枕草子』

清少納言 清少納言は平安時代に活躍した随筆家である。『枕草子』歌詠みの家柄に生まれ、中宮定子のもとに出仕する。後宮の様子を女文字(仮名)で綴った『枕草子』は、今でも紫式部の『源氏物語』とともに、名高い古典文学として長年にわたって親しま...
文学

紫式部|『源氏物語』の作者,清少納言

紫式部 紫式部は、平安時代に活躍した文学者である。主著は『源氏物語』『紫式部日記』。生没年はわかっていない。一条天皇の中宮・彰子に仕えながら書いた『源氏物語』は世界最古の長編小説である。紫式部の日記『紫式部日記』とともに当時の宮廷儀礼...
世界史

『ガリア戦記』|カエサルが書いたガリア遠征の記録

『ガリア戦記』 『ガリア戦記』(前58~前51年)のガリア遠征における、カエサル自身の記録である。当時のガリア・ゲルマニア・ブリタニアの情勢を知ることができ、古ケルト・古ゲルマン研究の重要史料とされている。武人らしい雄揮で無駄のない文...
哲学

マルクスの生涯|共産主義への活動と貧困

マルクスの生涯 マルクスは、共産主義を実現のために尽力したドイツの哲学者、思想家、歴史学者である。マルクスの考え方は、マルクス主義として世界中の多くの人に影響を与えた。ボン大学で法学を学んだが、ベルリン大学で哲学・歴史等で学んだ。ヘー...
哲学

キルケゴールの著作|『死にいたる病』,『あれか、これか』

キルケゴールの著作 キルケゴールは、多くの著作を偽名で発表している。たとえば『死に至る病』はアンチ・クリマクスという名前で出版されている。主著は、『死に至る病』を筆頭に、『あれか、これか』、『哲学的断片』、『不安の概念』、『誘惑者の日...
文学

夏目漱石|近代日本の文学,近代的自我

夏目漱石 夏目漱石は、近代日本の代表的作家で、文学を通して近代的自我のあり方を追求した。東京牛込の名主の末子で、本名、金之助。生後すぐに里子に出され、そこから養子に出され、14歳で実母と死別するなど家庭的に恵まれない幼少年期を余儀なく...
人文科学

ホメロス|古代ギリシアの吟遊詩人,ギリシア神話

ホメロス Homeros ホメロス Homeros 生没年不詳。前8世紀頃に活動したとされる古代ギリシアの盲目の詩人だが、実在も含めてよくわかっていない。主著は『イリアス』『オデュッセイア』であるが、多くの歌い手によって吟唱されるうち...
世界史

サンスクリット文学|『マハーバーラタ』,『ラーマーヤナ』

サンスクリット文学 サンスクリット文学は、インド文学のなかでも最古の二大叙事詩といわれる『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』は、クシャトリヤの活躍をたたえるもので、マウリヤ朝時代にその原型が作られグプタ朝時代に完成された。また、グプタ...
文学

『ラーマーヤナ』|インドの二大叙事詩のひとつ。

『ラーマーヤナ』 『ラーマーヤナ』は、コーサラ国のラーマ王子と貞節な妻シーターの波乱に満ちた物語で、7編2万4000詩句からなっている。『マハーバーラタ』と並ぶ2大叙事詩である。核となった物語は後期ヴェーダ時代にまでさかのぼるが、吟遊...
人文科学

『マハーバーラタ』|インドの二大叙事詩のひとつである

『マハーバーラタ』 『マハーバーラタ』は、バラタ族の王位と領土をめぐるいとこ間の争いを主題とした作品で、18編10万詩句からなっている。サンスクリット文学のひとつで、『ラーマーヤナ』と並ぶインドの二大叙事詩のひとつである。詩中のいたる...