宗教

世界史

マルクス・レーニン主義|マルクス主義の科学的発展

マルクス・レーニン主義 マルクス・レーニン主義とは、資本主義の矛盾は、やがて労働者の反抗をもたらし、労働者の革命を引き起こすというマルクスの思想に基づき、それをレーニンが科学的に発展させたとされる思想である。スターリンによって表現され...
世界史

ガリレオ裁判

ガリレオ裁判 ガリレオ・ガリレイは、当時のキリスト教的世界観とは大きく異るコペルニクスの地動説を支持したために、2度にわたって宗教裁判にかけられた。1633年に『天文対話』が地動説を弁護し、聖書の教えにそむくとして告訴され、異端審問所...
宗教

輪廻転生

輪廻転生 輪廻転生とは、生物は、業から影響を受け、生死を繰り返すという考え。ウパニシャッド哲学や仏教で見られる。 ウパニシャッド哲学 ウパニシャッドにおいては「輪廻するのは業である」と説き、業 ...
世界史

宗教改革|フス,ルター,カルヴァン

宗教改革 Reformation 宗教改革とは、ヨーロッパに広がったローマ=カトリック教会の腐敗を批判し、個人の純粋な信仰心に基づいて信仰を浄化しようとした運動。14〜15世紀のウィクリフ・フスらの反教皇運動を先駆とし、1517年にド...
世界史

ジャン・カルヴァン|プロテスタント,宗教改革

ジャン・カルヴァン Jean Calvin 1509年7月10日-1564年5月27日 ジャン・カルヴァンは、スイスのジュネーヴで活動した、フランス出身の宗教学者。主著はキリスト教綱要』">『キリスト教綱要』(1536年)。1509年...
宗教

プロテスタント教会

プロテスタント教会 プロテスタント教会とは、ルネサンスの宗教改革によって、ローマ=カトリック教会から分離した会の総称である。教会の権威に基づく体系的な教義(ドクマ)や儀式から離れ、聖書のみの信仰を中心にするプロテスタントの教会である。...
世界史

プロテスタンティズム|宗教改革,明治維新

プロテスタンティズム(新教) Protestantism プロテスタンティズムとは、16世紀の宗教改革によって、ローマ=カトリック教会から分離したキリスト教の各派。主に信仰による義認(信仰義認説)と聖書を信仰の唯一の根拠(聖書中心主義...
宗教

ヒンドゥー教|インドの宗教,多神教,土着宗教,バラモン教

ヒンドゥー教 ヒンドゥー教とは、古代インド主流の民族宗教である。バラモン教に複雑な民間信仰が混ざリ合って成立した民族宗教のこと。ウパニシャッド哲学などの影響を受け、『ヴエーダ』の聖典の他『マハーバーラタ』や『プラーナ』なども聖典として...
人文科学

ピタゴラス教団|哲学と戒律

ピタゴラス教団 ピタゴラスによって作られた教団。宗教的組織でもある一方、ピタゴラス学派としての側面もある。宗教的な教義と学問とが密接に結びついていた。秘密主義といわれるが、残っている情報は少なくない。 ...
人文科学

バラモン教|インドの宗教,業(カルマ)と輪廻

バラモン教 Brahmanism バラモン教(紀元前1500ころ-)は、インドを中心に進行される、氏族主義(ヴァルナ)と身分制度を基盤とした民族宗教である。紀元前15世紀ごろ、アーリア人は、中央アジアからインドに侵入したが、そこに住...