哲学

人文科学

フリードリヒ・ヘーゲル|思想,世界史

フリードリヒ・ヘーゲル  1770年~1831年 ヘーゲルとはドイツの哲学者でドイツ観念論の流れの完成形といえる。主著は、『精神現象学』、『論理学』『エンチクロペディー』『法の哲学』、『歴史哲学』。18歳でチュービンゲン大学の神学部に...
世界史

疎外|ヘーゲル,マルクス,実存主義が説く不安

疎外 Entfremdung 疎外とは、人間の本質や人間性が、人間から離れてよそよそしく疎遠なものになり、非人間的な状態におちいること。また、人間に属していたものが、人間から離れて独立した権力を持ち、人間を逆に支配する非人間的な状況を...
哲学

カタルシス|芸術,アリストテレス

カタルシス katharsis カタルシスとは、浄化・純化のことで、激しい感情(パトス)からの解放を意味する。芸術作品などの鑑賞において日常の抑圧された感情を開放し、快感がもたらされる。 アリストテレスによるカタルシス...
人文科学

タレス|「汝自身を知れ」,万物の根源は「水」である

タレス 紀元前624年頃 - 紀元前546年頃 タレスは、自然哲学者のうちの一人である。イオニア地方のミレトス出身。ギリシア七賢人の一人。自然哲学の祖といわれる。万物の根源(アルケー)を『水』と考えた。従来の神話的(ミュトス)な説明か...
哲学

情念|キリスト,デカルト

情念 passion 情念とは、外的から刺激されて生じる感情のひとつ。愛や憎しみなどの激情。またキリスト教における情念(パッションpassion)とは受難を意味する。 デカルト デカルトの心身二元論において、精神が...
哲学

善|哲学,宗教,善とはなにか。

善|哲学,宗教 善とは、倫理や道徳において使われる言葉で倫理的・道徳的であることを意味する。徳や良心など。ニュアンスは幅く古代ギリシアの哲学者アリストテレスは「“善い”という言葉は“有る”と同じように多くの意味で使われると述べている。...
人文科学

ヘーゲルの歴史哲学|進歩的歴史観

ヘーゲルの歴史哲学 近現代の進歩的歴史観の起源はキリスト教にあり、キリスト教の終末論、つまり神の世界創造から最後の審判へ向かうと考えられているが、ヘーゲルによってこの進歩的歴史観が世俗化された。ヘーゲルは、歴史は一定の方向を持っており...
哲学

坂本乙女

坂本乙女 坂本乙女は、天保3年(1832)、坂本八平直足(父)と幸(母)の娘として生まれる。坂本龍馬の姉である。慎重5尺8寸(175cm)、体重30貫(112kg)と言われ、体格は大きく坂本家の仁王様と言われた。剣術、馬術、水泳を得意...
人文科学

マルクス|貧困に向き合う経済学者

マルクス マルクスは、ドイツの社会思想家、経済学者、哲学者。主著は主著『経済学・哲学草稿』『ドイツ=イデオロギー」『共産党宣言」『経済学批判』資本論』。親友エンゲルスと共に科学的社会主義を創始し、哲学や経済学においても画期的な業績を残...
人文科学

エンペドクレス|四元素を説いた自然哲学者

エンペドクレス Empedokles,前490頃~前430頃 エンペドクレスとは、ソクラテス以前の哲学者で自然について考察する自然哲学者の一人である。アクラガス出身。万物の根源(アルケー)を「土」「水」「火」「空気」の四元素をあげ、こ...