Hitopedia

工学

ステンレス|さびに強く美しい素材

ステンレス ステンレスとは、ステンレス鋼ともいい、ステン(錆)がレス(less)という意味であり、耐食性(防錆)を生かした素材である。SUS303/SUS304やSUS316がもっとも使われている。高温に耐えることができる。高温・防錆...
工学

加工方法記号|機械図面

加工方法記号 加工方法記号とは、部材に対して、決められた加工方法の記号である。旋削ならL、フライス削りならMと決められており、図面や手配ではアルファベットを指定するだけで理解できる。ただし、一般的な認識があるとはいいがたいため、加工方...
工学

最大実体公差方式 Ⓜ|幾何公差を補助する記号

最大実体公差方式 最大実体公差方式とはMaximum Material Requirementの略で、Ⓜ(マルM)で表される幾何公差を補助する記号で、幾何公差の独立の原則を外し、公差域を広げることができる。量産品において製造がしやすく...
工学

姿勢公差|正しい姿勢から指定した寸法数値の範囲内のずれ

姿勢公差 姿勢公差とは、加工されたあるいは組み立てられた部品が描かれた図形の理論的に正しい姿勢から指定した寸法数値の範囲内のずれであることを求める公差である。姿勢に対する幾何公差で指定され、平行を表す平行度、直角を表す直角度、傾斜を表...
工学

はめあい|丸い軸と穴をはめること

はめあい はめあいとは、丸い軸と穴をはめることをいう。軸や穴に対して、許容限界寸法を定め、その範囲 (公差) 内に寸法を仕上げたものが期待している。はめあいの公差を、はめあい公差という。軸に対して、穴の公差が軸よりも小さいものをしま...
工学

めねじの加工|部材にめねじを作る方法

めねじの加工 めねじの加工とは、部材にめねじを作る方法で、タップ加工に代表される。ただし、タップ加工ができない部材に対しては、次の方法をとる。薄板の場合は、タップ加工することができないため、バーリング、ナット裏溶接、ナットサートを使う...
工学

タップ加工

タップ加工 タップ加工とは、めねじ(穴にねじ山を作る)加工のことをいい、タップを切ると表現する。 ハンドタップ 手回しで使うハンドタップは「先」、「中」、「あげ」の三種類がありそれぞれ挿入しやすいように食い...
工学

軸継手の選定

軸継手の選定 軸継手は多くの種類があるため、その選定が難しい。 2軸間の確認 2軸間において、振れ(偏角)、偏心、伝達トルク、回転数、正逆転、バックラッシュについての確認をとる。 偏心 ...
工学

組み合わせ応力

組み合わせ応力 応力が多方向にかかり、さらにせん断応力がかかるときは下記で示される。
工学

オイラーの公式と熱応力を考える

オイラーの公式と熱応力を考える 両端が固定された柱に温度が上昇し、座屈にいたったケースをオイラーの公式に基づいて考察する。 オイラーの公式と熱応力を考える 温度がT1→T2に上がっていくものとし、ある一...
タイトルとURLをコピーしました