Hitopedia

工学

レイリー数|グラスホフ数とプラントル数の積

レイリー数は、グラスホフ数とプラントル数の積であり、自然対流の発生の有無の判別に用いられる。レイリー数が臨界レイリー数以下では自然対流は発生せず、臨界レイリー数を超えると対流が生まれる。
世界史

扶南|インドシナ半島のメコン川流域に住んでいたクメール人

扶南 扶南(フナン)は、インドシナ半島のメコン川流域に住んでいたクメール人(カンボジア人)によって建てられた王朝である。1世紀末ころから始まったとされ、インド文化に強い影響を受けている。デルタ地帯の開発と海上貿易で栄えた。 ...
工学

クロムモリブデン鋼|クロモリ鋼

クロムモリブデン鋼(SCM) クロムモリブデン鋼(SCM)はクロモリ鋼とも呼ばれ、 2%以下のCr、0.45%以下のMoを含有しているため、焼き入れ性がよく焼戻しもろさも少ない構造用合金鋼である。軸、ボルト、歯車などに用いられる。溶接...
世界史

フィリッポス2世(フィリップ2世)|アレクサンドロスの父

フィリッポス2世(フィリップ2世) フィリッポス2世(フィリップ2世)は、マケドニア王(在位前359~前336)である。テーベの人質となったときにファランクス戦法とギリシア文化を学んだ。テーベからの帰国後はマケドニアの強大化に努め、前...
工学

データムターゲット|幾何公差,データム

データムターゲット データムターゲットとは、再現性を明確にするため、その製品の凸凹面や測定者の測定誤差の影響を最小化するため、面や線などから部分的に指示することをいう。点、線、円領域、四角領域をターゲットとして指定し、そこからの幾何公...
世界史

剣闘士競技|ローマ帝国の剣奴,パンとサーカス

剣闘士競技 剣闘士競技は、元来神に捧げる儀式であったこの競技は、ローマ人が好んで観戦する娯楽となった。時の皇帝は市民の人気を得るため、度々、巨額を投じて剣闘士競技を開催した。 目次 剣奴 パンとサーカス 皇...
人文科学

アリストテレスの論理学

アリストテレスの論理学 アリストテレスの大きな仕事として論理的研究がある。学問的思惟の形式および法則を取り扱ったもので、今日、伝統的論理学と呼ばれるものは、大部分がアリストテレスの研究成果であり、歴史的に極めて重要である。 ...
工学

表面処理|種類

表面処理 表面処理とは、素材の表面にさまざまな性質を付与するための材料処理である。表面処理を行うことによって本来の素材のもつ特性に加えて、耐摩耗性・潤滑性・耐食性・耐熱性・断熱性・導電性などの性質を付加することができる。 ...
工学

フルード数

フルード数は、「慣性力/重力」の平方根であり、流体の重力の影響を示している。
日本史

藤原兼家|摂政を争った骨肉の争い,藤原兼通

藤原兼家 藤原兼家(929-990)は平安時代に活躍した公卿である。兄・藤原兼通とは、摂政の地位を争いに破れ不遇であったが、後に娘の詮子が一条天皇を産み、関白・太政大臣となった。 目次 藤原兼家の生誕 摂政・氏長者 ...
タイトルとURLをコピーしました