第二次性徴|思春期, 第一次性徴, 第二次性徴

第二次性徴 Secondary sex characteristic

12〜13歳頃から思春期青年期に入ると、性ホルモンの働きが活発になって男性らしい、また女性らしい身体の特徴があらわれる。生まれつきみられる第一次性徴に対して、これを第二次性徴という。 思春期青年期には身体の急激な変化に対して違和感や不安をおぼえ、自己の身体の成長を受け入れられず、それを拒否して精神性の食欲不振(拒食症)におちいることもある。

裸足の少女
裸足の少女

第二次性徴とホルモン

思春期青年期になると、脳内にある視床下部からGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)を出すよう下垂体に命令が出される。そして、下垂体からゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)が分泌され、男性は精巣、女性は卵巣に作用し、精巣から男性ホルモン、卵巣から女性ホルモンが出される。ホルモンは血流にのってからだの中へ運ばれ、少しずつ身体を大人へと成長させる。

女性の第二次性徴

  • 乳房が発達する
  • 陰毛、わき毛が生えてくる
  • 丸みを帯びたからだつきになってくる
  • 初経(初めての月経)が起こる
  • 外性器・内性器(子宮・卵巣・腟・外陰部)が発達する

男性の第二次性徴

  • 筋骨が発達する
  • 髭が生える
  • 声変わりが始まる
  • 喉仏が出てくる
  • 精通が始まる

Sidebar