直径の製図|JIS,機械製図

直径の製図

直径の製図は、直径記号φをつけて表す場合(たとえばφ30)と、φを示さず数字のみ(たとえば30)という大きく2種類がある。たとえば、数字対象とする部分の断面が円形であるとき、φを寸法数値の前につけて示す。180°を超える円弧または円形の図に直径の寸法を記入する場合で、寸法線の両端に端末記号がつく場合、φは使わない。(ただし、引出線を用いて寸法を記入する場合には、φを記す。)

主投影図のみで表した円筒形体の直径の記入例(JIS B 0001 2010)
主投影図のみで表した円筒形体の直径の記入例(JIS B 0001 2010)

目次

円形の一部を欠いた図形

円形の一部を欠いた図形で寸法線が片側のみの場合、半径と間違わないよう、φを使う。

円形の図と円形の一部を欠いた図の直径の記入例(JIS B 0001 2010)
円形の図と円形の一部を欠いた図の直径の記入例(JIS B 0001 2010)
加工方法が示されている場合の直径の記入例(JIS B 0001 2010)
加工方法が示されている場合の直径の記入例(JIS B 0001 2010)

円形になる加工方法が併記されている場合

図面上、円形でなくとも、円形になる加工方法(10キリなど)が併記されている場合、寸法数値の前に直径の記号φは記入しない。

加工方法が示されている場合の直径の記入例(JIS B 0001 2010)
加工方法が示されている場合の直径の記入例(JIS B 0001 2010)

直径の異なる円筒が連続している場合

直径の異なる円筒が連続した図形で、寸法数値を書くところがないとき、片側に書くべき寸法線の延長線および矢印を描き、直径の記号φおよび寸法数値を記入する。

円筒部が連続する場合の直径の記入例(JIS B0001 2010)
円筒部が連続する場合の直径の記入例(JIS B0001 2010)

Sidebar