熱膨張係数

熱膨張係数

熱膨張係数は、材料は温度変化に伴って、膨張・収縮し、一般的に加熱されると膨張する。熱膨張係数のうち固体の線膨張係数とは、1K(°C)当たりの温度変化に対する単位長さ当たりの長さの変化量のことである。