断面図|製図,機械設計

断面図

断面図とは製図に使われる図法で、モノを任意の箇所で切断したように表す方法である。かくれ線では書き切れない複雑な形状のモノにたいし、切断部分を取り除くことによって表す。用途によって、全面断面図、部分断面図、任意の場所を切断する断面図がある。

全断面図

全断面図

目次

断面図

断面図は、正面図(他)では本来破線で描かなければならない面を断面として実線で描かれるため、直感的にわかりやすくなる。

切断面の指示

・切断面の位置を指示する必要がある場合には、両端及び切断方向の変わる部分を太くした細い一点鎖線を用いて指示する。
・投影方向を示す必要がある場合には、一点鎖線の両端に投影方向を示す矢印を描く。
・切断面を識別する必要がある場合には、ラテン文字の大文字などの記号によって指示し、矢印によって投影方向を示し、参照する断面の識別記号は矢印の端に記入する。
・相当する断面図の直下か直上に記入する

ハッチング

1.ハッチングは、細い実線、中心線に対して45°でひく
2.断面図に材料などを表示するとき、図面中にはっきり指示した上で、特殊なハッチングをしてもよい。
3.同じ切断面上に現れる同一部品の切り口には、同一のハッチングを施す。
4.隣接する切り口のハッチングは、線の向きまたは角度を変えるか、その間隔を変えて区別する。
5.切り口の面積が広い場合には、その外形線に沿って適切な範囲にハッチングを施す。
6.ハッチングを施す部分の中に文字、記号などを記入する必要がある場合には、ハッチングを中断する。

ハッチング(JIS Z 8316 1999)

ハッチング(JIS Z 8316 1999)

全断面図

全断面図とは、モノの中心を真っ二つに切断したものを表す図面である。通常は、対象物の基本的な形状を最もよく表すように切断面を決めて描く。なお、必要がある場合には、特定の部分の形をよく表すように、切断面を任意の場所に設定してもよい。設定した切断面は切断線によって切断の位置を示すようにする。

片面断面図

片面断面図とは、モノの半分(一部)だけを断面図で表す方法で外形図の半分と全断面図の半分とを組み合わせて表す。外側と内側を同時に実線で表す。

片側断面図(JIS B 00012010)

片側断面図(JIS B 00012010)

部分断面図

部分断面図とは、任意の箇所を断面部分として作成する断面図である。この場合、破断線によってその境界を示さなければならない。

回転図示断面図

現物の切り口を、90°回転して表すことがある。ハンドル、車などのアーム及びリム、リブ、フック、軸、構造物の部材などがしばしば使われる。

回転図示断面図(JIS B 00012010)

回転図示断面図(JIS B 00012010)

回転図示断面図2(JIS B 0001 2010)

回転図示断面図2(JIS B 0001 2010)

回転図示断面図3(JIS B 0001 2010)

回転図示断面図3(JIS B 0001 2010)

2つ以上の断面図

2つ以上の切断面による断面図を組み合わせて行う図示法がある。必要であれば、断面を見る方向を示す矢印とラテン文字の大文字の文字記号をつける。

組み合わせによる断面図(JIS B 0001 2010)

組み合わせによる断面図(JIS B 0001 2010)

組み合わせによる断面図JIS B 0012010

組み合わせによる断面図JIS B 0012010

組み合わせによる断面図(JIS B 0012 010)

組み合わせによる断面図(JIS B 0012 010)

階段状の断面図

階段状の断面図とは、現物をより簡潔に断面図を作りたい場合に、断面として使われる。通常、同じ切断面上に現れる同一部品の切り口には、同一のハッチングを施すが、階段状の切断面の各段に現れる部分を区別する必要がある場合には、ハッチングをずらして表現する。

軸形状の断面図

複雑な軸形状をした軸を簡潔に示すために補助的軸の断面図が使われる。

多数の断面図による図示

複雑な形状の対象物を表す場合には、必要に応じて多数の断面図を用いる。通例、寸法の記入などの利便性を高めるため、投影の向きを合わせて描かれる。この場合、切断線の延長線上または中心線上に配置する。特に対象物の形状が徐々に変化する場合、多数の断面によって表される。

多数の断面図

多数の断面図

切断しない部分

切断しても意味がないもの、または切断することによって理解を難しくするものは切断面として描かない。JIS規格では、リブ、アーム、歯車の歯、軸、ピン、ボルト、ナット、座金、小ねじ、リベット、キー、鋼球、円筒ころは切断せず外径のまま描かれる。

断面図にしてはいけない箇所(JIS B 3402 2000)

断面図にしてはいけない箇所(JIS B 3402 2000)

薄肉部の断面図

ガスケット、薄板、形鋼などで、切り口が薄い場合には、断面の切り口を黒く塗りつぶす、1本の極太の実線で表す、などの方法がとられる。これらの切り口が隣接している場合には、それを表す図形の間には、わずかなすきま(0.7mm以上)をあける。

薄肉部分の断面図JIS B 0001 2010

薄肉部分の断面図JIS B 0001 2010

タイトルとURLをコピーしました