揚力|一様流の中に物体があるとき、物体は流体から力を受け

揚力

揚力とは、一様流の中に物体があるとき、物体は流体から力を受けるが、このときの流れと直行する方向の力である。なお、それに対して、流れ方向の力を抗力という。

揚力は流れと直行する方向に力なので、飛行機の翼、ターボポンプ・圧縮機・スクリューの羽根などは揚力の原理に基づく。これらにみられる羽根のような形状は、羽根の曲率の影響によって羽根の両側で圧力が異なり、その圧力差により揚力が生じる。