属州|ローマ帝国が支配した領土と総督による搾取

属州

属州とは、イタリア半島以外のローマ帝国の征服地のことで、ローマ帝国は海外で支配した領土に対して、属州として重税を課し、搾取の対象とした。ローマはイタリア半島内の同盟市には軍事的な義務を課すのみであったが、各属州の統治者(総督)には執政官や法務官の職を経た者が選ばれ、軍事・行政・裁判権を行使し搾取して私財を蓄えた。

目次

シチリア属州

ローマ帝国ポエニ戦争で得たシチリア島を最初の属州とした。以降、ローマ帝国の征服地は属州としてローマ帝国の搾取の対象となり、代わりにローマ帝国から政治・軍事上の安定を得た。各属州はローマ帝国から派遣された総督の軍政下にあって、徴税請負人の搾取に甘んじなければならなかった。

総督

総督の主な職務は、租税の徴集、州内の平和の維持、国境の警備、裁判などであり、属州内では独裁者として支配した。ほとんどの者が不正により私腹を肥やした。

徴税請負人

徴税請負人は、属州の徴税・土木事業などを、国家との契約で請け負った人々のことを指す。属州民から契約以上の額を強権的に徴税し、余剰分を私有した。騎士階級が多く、富豪への足がかりとして属州の支配を強めた。

騎士(エクイテス)

本来は騎馬で戦闘する軍人を意味するが、第2回ポエニ戦争以降、公共土木事業、軍需品調達属州の徴税請負などで台頭した新興の富裕市民をいうようになった。元老院の貴族らに次ぐ、階級として権力を肥やした。

アウグストゥス帝以後

アウグストゥス帝以後は、属州は元老院の管轄するものと、皇帝が総督を選んで管轄するものとに区別された。前者は執政官および法務官の職を果たした者が総督となり、任期は普通1年であったが、皇帝の任命する総督は任期が不定であった。

属州による貿易国家

地中海を征服するまでのローマは農業国家として運営されたが、ポエニ戦争による西地中海の征服、シリア・マケドニア・古代ギリシャなどの東地中海の征服など、地中海全土を属州に置くことで貿易国家に大きく方向転換した。

タイトルとURLをコピーしました