展開図|製図,機械設計,JIS

展開図

展開図は、製図において、加工前と加工後の寸法を書いた図面である。加工者の負担を軽減する目的で用いられる。たとえば、折り曲げ前の素材寸法(展開図)と折り曲げ後の完成品(正面図)の両方を用意することによって加工者に無駄な作業を用意させずモノを完成させることができる。

目次

板金加工

板を曲げて作る対象物(板金加工)や、面で構成される対象物の展開した形状は展開図で示す。

展開図の例JIS B0 001 2010

展開図の例JIS B0 001 2010