小ねじ|基本と概要

小ねじ

小ねじとは、外径の小さい頭付きのねじで、大きな力が加わらない部品の締付けに用いられる。小さいボルトの代わりに用いられることが多く、M1 -M8が主流である。頭には、ねじをまわすための十字穴(プラスドライバ用)や、すりわり(マイナスドライバ用)がつけられている。

タイトルとURLをコピーしました