夏王朝|禹に始まる中国最古の王朝,『史書』

夏は、『史書』に記された、禹に始まる中国最古の王朝である。17代約450年つづき、暴君桀王のときにの湯王に滅ぼされたとされる。夏王朝は、のちの周代の文献に記されているのみで、その存在を示す確実な証拠は発見されていなかったが、二里頭遺跡の発見からそこが夏王朝でないかと推測されている。現在のところ、中国の確実な王朝としては殷王朝が最初である。

目次

三皇・五帝

中国の伝統的な歴史観によると、太古の世に三皇・五帝と呼ばれる聖天子が現れ、いろいろな発明をして人々の生活を豊かにし、世の中を太平に治めたと言われている。

三皇

  • 伏羲(ふくぎ)
  • 神農(しんのう)
  • 女(じょか)
  • ※女(じょか)の代りに、に燧人(すいじん)・祝融(しゅくゆう)があげられる

五帝

  • 黄帝 (こうてい)
  • 顓頊(せんぎよく)
  • 帝嚳ていこく
  • 唐尭(とうぎよう)
  • 虞舜(ぐしゆん)
  • ※諸説あり

夏王朝と考古学

伝説によると、夏王朝の首都は彩陶文化(仰韶文化)黒陶文化(龍山文化)の遺跡が多いことから、山西南部から河南省西部にいたる地方にあったといわれる。しかし、文字の発見がないため、不明な点が多い。

黄帝

黄帝は悪者を討ち平らげ黄河流域に初めて建国し、後世漢民族の祖先と尊ばれている。黄帝は帝位を人徳のすぐれた舜に譲った。

堯は暦をつくり、治政に功のあった舜に位を譲った。のち儒家の孟子により理想化された。

舜は堯から位を引き継いだ王である。舜は、広く人材を登用し、治水に功のあった禹に位を譲った。のちに堯とともに理想化された。

禅譲

堯は人徳のすぐれた舜に位を譲り、舜は治水に功のあった禹に位を譲ったことで知られる。有徳者に王位を譲ることを禅譲という。禹の没後は、子の啓が王位をついだので、ここに中国最古の王朝が開始されたとする。

夏王朝の系図

  1. 太康
  2. 中康
  3. 少康
  4. 不降
  5. 孔甲

滅亡

夏王朝は、末帝桀王のとき殷に滅ぼされたと考えられるが、夏王朝はのちの周代の文献に記されているのみで、その存在を示す確実な証拠は発見されていない。現在のところ、中国の確実な王朝としては殷王朝が最初である。


Sidebar