四三酸化鉄皮膜

四三酸化鉄皮膜

四三酸化鉄皮膜(黒染)は、四三酸化鉄皮膜を形成させる化学処理法である。鉄鋼の表面に緻密な酸化皮膜を形成させることで、さびを防ぎ、耐食性の向上、反射防止性、表面処理方法である。酸化被膜が黒色であることから、黒染加工処理とも呼ばれる。光沢があり、装飾性を目的として使われることもある。


Sidebar