可能態(デュナミス)[アリストテレス]

可能態 dynamis デュナミス

可能態とは、質料の中に形相が可能性として含まれた、まだ無規定な状態をさす。アリストテレスの用語で個物の生成は形相質料を限定しながら姿をあらわし、可能態から現実態へと移行してみずからの形相を実現していく過程である。

可能態 dynamis デュナミスの語源

英語のdynamicの語源ともなった。もともと「力」や「能力」を意味するギリシア語。