仮言命法|カント

仮言命法

仮言命法とは、「もしもAを手に入れたければ、Bをせよ」という条件つきの命令。である。Bという行為はAという願望を実現するための手段にすぎない。そのため忠告や処世術には有効であるが、無条件で善を命じる道徳法則にはなりえない。功利的な、利益の計算に基づく命令である。一方で、定言命法は「Bをせよ」という命法で、ここでの行為は手段ではない。命法そのものが目的である。カントは、仮言命法よりもこの定言命法道徳律として重要視した。「君の格率が普遍的法則となることを同時に意志しうるような格率にしたがってのみ行為せよ。」という言葉を残している。

定言命法と仮言命法

定言命法と仮言命法