汝の意志の格率が、常に同時に普遍的な法則として妥当しうるように行為せよ

汝の意志の格率が、常に同時に普遍的な法則として妥当しうるように行為せよ

カント道徳法則の根本原理を示す標語である。動機主義といい、道徳の具体的な内容は重視せず、その行為に至る動機を重要視した。いつ、どこでも妥当する普遍的な道徳の形式を示した定言命令である。自分だけに妥当する主観的な行動の原則である格率が、自分だけにとどまらず、あらゆる人に適用しなければなるように行為をしなければならない。従ってその行為は普遍性を持つ。自分がある行為をなそうとするとき、それが万人のなすべき法則として通用するように行為しなければならない、ということである。

定言命法と仮言命法

定言命法と仮言命法