予定調和|ライプニッツ

予定調和 harmonie

予定調和とは、相互に交渉のない個々のものが調和した全体的秩序を形成するように定められていること

予定調和

予定調和

ライプニッツの予定調和

ライプニッツは世界はモナドで満ちており、無数のモナドが表象したものが一致し、世界の調和的な秩序が存在するように神があらかじめ定められているとした。個々のモナドが表象するものが、他の単子の表象と対応し、すべてのモナドの表象が一致して一つの調和的世界を形成するが、それは神がモナドの対応関係をあらかじめ定め、すべての表象を調和的に秩序づけているからである。神は最も完全で調和した世界を創造したといえる。しかし、現実には多くの悪や非倫理的なことがまかり通っている。ライプニッツは、これを被造物の不完全性に起因していると考え、したがって悪は積極的な存在ではなく、単なる完全性の欠如と考えることができる。したがって多々の悪があれども世界全体としては最も完全でもっとも善である。