レイノルズ数

レイノルズ数

レイノルズ数とは、流体力学に重要な数値で、流体の流れの状況を比較することを目的とした数値である。レイノルズ数が大きいほど、流れの乱れは大きくなる。層流から乱流に移る領域は臨界レイノルズ数と呼ばれ、2320以下であれば層流となり粘性によって乱れが消失し、2320以上だと乱流となり慣性力が大きくなり乱れが増幅する。

タイトルとURLをコピーしました