マルテンサイト系ステンレス鋼|ステンレス鋼

マルテンサイト系ステンレス鋼は、フェライト系ステンレス鋼、オーステナイト系ステンレス鋼に次ぐ、ステンレス鋼の種類の一つである。13クロム(クロム13%)に代表される。マルテンサイト系ステンレス鋼は、焼入れすることによってマルテンサイト組織に変態し、硬度が飛躍的に向上するが靭性(ねばり強さ)は小さくなる。また磁性を持つ。焼入れ後、低温焼戻して製造される。用途は、耐食性が求められる刃物、測定具、軸受や耐摩耗が求められる構造用の高強度部材に使用する。

マルテンサイト組織

オーステナイト組織と同じ組成をもち、準安定(変化しやすい)な金属組織を特徴とする。