ピトー管

ピトー管

ピトー管とは、流体の流量や流速を測定する方法の一つで、風の流れに対して正面(検出口1)と直角方向(検出口2)に小孔を持ち、それぞれの孔から別々に圧力(全圧および静圧)を取り出し、その圧力差から流速を測定する方法である。ベルヌーイの定理に基づいて設計されている。

ピトー管

ピトー管

差圧

検出口1では、速度が0となるので、圧力がP0+ρU02/2となり、検出口2では、圧力がP0となるので、検出口間の差圧ΔP=ρPU02/2となる。

圧力差から速さを求める

圧力差から速さを求める