スピニング加工|へら絞り加工

スピニング加工(へら絞り加工)

スピニング加工とは、へら絞り加工とも呼ばれ、回転する成形型(マンドレル)に板状や管状の素材(ブランク)を、加工へらで成形型(マンドレル)の輪郭に押し当てて成形する塑性加工である。素材を回転させながら加工することから、回転軸方向に平行な成形、部分的な成形はできない。家庭用品や装飾工芸をはじめ、通信や自動車部品など工業製品として幅広く行われている。